一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

巻頭企画天馬空を行く

ガールズケイリン選手 / 自転車競技トラック日本代表  太田 りゆ

太田 りゆ

1994年、埼玉県上尾市出身。幼少期から抜群の運動センスを誇り、小学生時にはマラソン大会で毎年のように優勝する。中学・高校では陸上競技に打ち込み、800m走を専門に活躍。大学でも陸上競技を続けるべく推薦で東京女子体育大学へ入学するも、両親が離婚したことから経済的に部活を断念せざるを得ない状況になり、家計を支えるべく一転してアルバイトを始める。自分の才能を発揮しつつより良い人生を歩むべく、道を模索する中でガールズケイリン※1の存在を知り、選手になることを決意。日本競輪学校(現:日本競輪選手養成所)に入り、すべてのタイムトライアルで最高基準を上回るなど頭角を現すと、在学中から自転車競技の日本代表にもスカウトされる。ガールズケイリンでは2017年のデビュー場所で完全優勝、2018年以降はトップ選手だけで競うガールズケイリンコレクションに毎年出場。自転車競技の日本代表としては、2023年のアジア選手権のスプリント種目で当時の日本記録を更新するなど、2024年のパリ五輪へ向けて躍進を続けている。
 
 

幼い頃からスポーツ万能、やればやるだけ伸びる才能に恵まれながら、陸上選手の夢を一度は諦め、「生きるため」にガールズケイリンの世界へ飛び込んだ太田りゆさん。誰よりも真面目に、現実的に競技と向き合い、デビューから結果を出し続けてきたが、「試合で負ければ笑うことも許されない」と思うほどのストイックさゆえに、窮屈さを感じる時期もあったという。そこを乗り越え、自転車競技の日本代表としてパリ五輪を目指している今、たどり着いた境地は「人生を楽しむこと」。競技中はアスリート、オフの日は“普通のギャル”――そのメリハリによって競技とプライベートの両方を好転させている太田さんの切り替え術、その極意に迫った。





 

〈本号の見所〉

・「タイムトライアル」が趣味だった幼少期
・生きるために選んだ競輪の世界
・覚悟が生んだ強さと徹底的な自己管理
・東京五輪リザーブの悔しさを乗り越えパリ五輪へ
・自分自身の人生を楽しむことがすべてを好転させる
・「女社長」になるという夢
詳しくは2023年11月1日発刊号をご覧ください。

Amazonより好評発売中!