一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

巻頭企画天馬空を行く

元プロバレーボール選手 / 元プロビーチバレーボール選手  越川 優

越川 優

1984年生まれ、石川県出身。両親共に元バレーボール選手という環境で育つ。先にバレーボールを始めていた姉の後を追いかける形で自身も競技を始め、高校は全国屈指の強豪校、長野県岡谷工業高等学校に進学。3年間を通じて好成績を残す。高校卒業後は大学を経ずにVリーグへ挑戦し、「サントリーサンバーズ」へ入団。2006年にはチームとして初となるプロ契約を結び、チームの優勝に貢献し個人でもMVPを受賞する。日本代表としてもチームをけん引し、2008年の北京五輪出場へ導く。2009年からはイタリアのプロリーグへ移籍。左膝の大ケガを乗り越え活躍する。2012年にVリーグに復帰し、2013年からは「JTサンダーズ」に入団。2年目の2014年にはキャプテンとしてチームを優勝へ導き、2度目のMVPを受賞する。2017年から東京五輪を目指してプロビーチバレーボール選手に転向。奮闘するもコロナ禍で練習ができなくなったためインドアへ復帰。2020年に「ヴォレアス北海道」へ入団し、選手として活動しつつクラブ運営も学ぶ。2022年に現役を引退し、現在は(特非)みなとみらいクラブのシニアディレクターとして後進の育成に注力している。
 
 

破壊力抜群のジャンプサーブとさわやかな笑顔をトレードマークに、多くのファンを魅了してきた越川優氏。“プリンス・オブ・ニッポンバレー”の称号を背負い、日本男子バレーボールをけん引した同氏だが、キャリアを通してすべてが順風満帆だったわけではない。海外挑戦と2度の大ケガ、ビーチバレーへの転向、コロナ禍による練習中断――度重なる困難に直面しながらも、前向きな気持ちで乗り越えられたのは、五輪への強い思いと、「今」を大切にする同氏の生き様があったからだ。過去でも未来でもない、今と向き合う人生術に迫るインタビュー。





 

〈本号の見所〉

・いつも身近にあったバレーボール
・自分が成長できる環境を選択し続けたチャレンジ精神
・“プリンス・オブ・ニッポンバレー”の称号を背負い日本代表をけん引
・大ケガやコロナ禍にもくじけない「今」と向き合う人生術
・引退はキャリアの一部
・バレーボールを通じ人間力を育む
詳しくは2024年1月1日発刊号をご覧ください。

Amazonより好評発売中!