一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(チャレンジプラス)

コラム

サラリーマンのための 起業講座 Vol.37

いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意
著者 竹内 亮介

 
「脱サラして起業したい」「自分でビジネスを始めてみたい」・・・先行き不透明な時代だからこそ自分で行動を起こし、お金や自由を得ようとする人は多いのではないだろうか。まったくの未経験からAmazon輸入ビジネスを成功させたR・グローバルジャパン(株)の代表取締役・竹内亮介氏から今回は、海外メーカーと独占販売契約を結ぶ際の様子、メーカー取り引きをまとめるコツ、ビジネスを成功させる心構えについて学ぼう。

第36回では、誰とでも円満な関係を築く秘訣と、人にお金を貸すと返ってこない理由をお伝えしました。今回は、海外メーカーと独占販売契約を結ぶ際の様子、メーカー取り引きをまとめるコツ、ビジネスを成功させる心構えについてお教えします。

スイスで世界の独占販売契約をしてきました

2023年、スイスのチューリヒで、取引先メーカーと新商品の商談をしてきました。このスイスのメーカーの社長とはコロナ禍以前に商談をして以来、実に4年ぶりの再会となりました。この4年間を埋めるようにお互いのことをたくさん話しました。

今回のスイスは、1日目にメーカーの事務所で通訳を交えて商談&ディナーをしました。この商談で、なんと「世界の独占販売契約」が決まり、契約書にサインをしてきました。通訳料は1日で8万円程度しましたが、これでもスイスの物価だと安いほうです。十分に費用対効果がありました。

2日目は、メーカー社長とスイスアルプスのミューテン山(Grosser Mythen)を登山してきました。一生の思い出となりました。3日目は、家族でルツェルンに行き、ピラトゥス山を登ってきました。4日目は、再びメーカーの事務所で新商品のデモンストレーションを受けて、世界の独占販売契約の契約書にサインをしてきました。最後はメーカー社長が空港まで車で送ってくれました。

今回はいつものように日本独占販売権はもちろん、Amazonアメリカ、Amazonイギリス、中国のTmall Global(天猫国際)など世界の主力市場の独占販売契約をしてきました。

海外販売は、40代になった私が今後、新たに挑戦しようと思っている独占販売権ビジネスになります。今は円が弱いので、今後は、ドル、ユーロも稼ぐのがいいですね。まだ私も実践中ですが、海外販売は可能性しかありませんので、上級者のコンサル生限定で少しずつ教えていこうと思っています(交渉方法も固まってきて、ほとんどの取引先メーカーと世界独占契約ができています)。ちなみに、ヨーロッパ旅行は、500万円以上使いましたが、この独占契約で簡単にペイできましたね。

メーカー取り引きを決めるコツ

コンサルティングをしていると、どのように交渉すべきかをよく相談されます。ただ、相手メーカーの悩みがわからないので、回答しづらいケースがあります。メーカー取り引きがうまく決まらない方は、独り善がりの交渉になっていないかを今一度、確認するとよいです。メーカー取り引きにおいては、まず、現在のメーカーの状況、問題を聞いて、その問題の解決策を提案して信頼を得るのが重要になります。

下手な営業マンは、相手の状況も課題も知らず、ただ自分の商品を売ろうとするとよく言われます。まったくその通りで、メーカーの問題点もわからずに、習ったことを、ただ一方的にそのまま言うだけだと、なかなか信頼は得られません。それはメーカーにとって、本当の悩みではなかったりするからです。メーカーによっても課題や問題点は違うので解決方法や交渉方法も違うということです。

というわけで、メーカー取り引きが決まらない方は独り善がりの交渉になっていないか、今一度、注意をしてみるとよいと思います。まず相手の現状、悩みを聞き出してから、その後に解決策を提案するということを意識すると成約率もぐっと上がるはずです。

本業が忙しくて副業できない方へ

コンサルティングをしていると、小見出しのように、「本業が忙しくて副業ができません」とおっしゃる方が非常に多いです。もし本業を一気に辞め、起きている間の17時間すべての過ごし方を変えれば習慣もすべて変わるので、人生は激変するでしょう。1日1時間しか変えなければ、17分の1しか人生は変わりません。ビジネスにかけた時間分だけ、人生が変わっていくのです。

私のコンサルでは、「本業が忙しい、時間がない」は言い訳だとマインドセットでたたき込んでいます(厳しい言い方ですが、こう言ったほうが変わっていただけるので、愛情を持って、このように言っています)。基本的にはサラリーマンの方やお子様がいる方、皆忙しいので「忙しいからできない」と言っていたら何も変わらないからです。そんな忙しい企業を選んだのもあなた自身なのです。

これまで10年間コンサルをしてきて、稼ぐ方は漏れなく、まったく言い訳をせずに、忙しくても以下のような工夫をして時間をつくっています。

• 移動中にやる
• 残業を一切やめる、断る
• 社内の目的のない飲み会に行かない
• 付き合いが悪いと言われても気にしない
• 昼休憩の時間を使う
• 大事な場面はトイレに行って仕入れ、交渉をする
• 外注・パートナーを早い段階で雇い、仕事を任せる

電車での移動時間だけで月利130万円稼いで独立した方もいるほどです(その方は独立後、すぐに月利1000万円は超えました)。いきなり会社を辞めることはできないにしても、まずは時間をつくる工夫をして、ビジネスの時間を最大限に確保できるようにしましょう。

というわけで、「本業が忙しくて副業ができません」という方は、他の方も全員そうなので、厳しい言い方ですが、自身の成長のためにはそれは言い訳だと考えましょう。

独立する気持ちが本当にあるなら、いずれ辞める会社よりも自分のビジネスの時間のほうが大切です。会社や上司のための人生ではなく、人生の主役はあなた自身だと思い、自分の人生を切り開く工夫をしましょう。
 

■プロフィール
竹内 亮介(たけうち・りょうすけ)
 
1983年、千葉県に生まれる。立命館大学産業社会学部卒業。R・グローバルジャパン(株)代表取締役。2012年、資金ゼロ、人脈ナシ、全くの未経験からAmazon輸入ビジネスをスタートし、1年後に月収100万円、2年後に月収200万円を稼げるようになる。2014年、事業拡大のため貿易業を手がける同社を設立。Amazon輸入の第一人者として、個人コンサルティングやコミュニティ(IBC)でノウハウを教え、月収100~1500万円以上稼げるクライアントを多数輩出。クライアント全員が稼げるようになると定評がある。さらに、読者数8.6万人(購読者数・輸入ビジネス日本一)のメールマガジンを配信し、その独自ノウハウで業界から注目を浴びている。現在は、パソコン1台で世界中どこに行っても仕事ができる生活スタイルを確立。年収1億円、預貯金1億円以上、50ヶ国以上の旅行、ベストセラー出版など、多くの夢をかなえている。
 
■URL
BLOG http://takeuchi01.com/
Facebook https://www.facebook.com/takeuchi01
LINE@「@takeuchi02」でID検索(@をお忘れなく!)
 
■著書
いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意
(秀和システム、2015年1月)
いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意第2版
(秀和システム、2021年2月)
*期待の第2版が2021年ついに発売!重版決定!
*2冊累計5万部部達成、増版17刷のベストセラー
『Amazon輸入大百科』*期間限定で無料公開中 http://takeuchi01.com/lp/
 
メンタリストDaiGo氏、推薦!
【いちばん稼いでいる著者が教えるAmazon輸入ノウハウ本の決定版】
★大幅アップデートした最新版!
★1日1時間程度の作業で月収200万円を稼いでいる独自ノウハウを公開!
★定番のロングセラーが10年間の研究成果を踏まえて待望の増補改定!
★副業・起業の定番本★パソコン1台あれば1人で稼げるノウハウが満載
★Amazon輸入ビジネスのすべてを大公開
 
 
 

<< サラリーマンのための起業講座 Vol.36

 
 
 

躍進企業応援マガジン最新号

2024年5月号好評販売中!