一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

注目企業インタビュー

夢を追う子どもとその家族を全力で応援<br />
スポーツの力で社会をもっと元気に!<br />

スペシャリスト

夢を追う子どもとその家族を全力で応援
スポーツの力で社会をもっと元気に!

株式会社 Future Protect(フューチャー プロテクト)
代表取締役 關口 清

PROFILE

東京都・足立区出身。小売会社、事務用品レンタル会社を経て、外資系生命保険会社で営業所長として活躍する。並行して、野球に打ち込む息子を親としてサポート。2017年より、息子が在籍した野球強豪大学の野球部後援会長を務める。2023年、スポーツをより社会に浸透させるべく(株)Future Protectを設立した。

COMPANY DATA

株式会社 Future Protect

住所
〒120-0034
東京都足立区千住1-4-1
東京芸術センター 10F
URL
https://future-protect.jp/

(株)Future Protectは、元・現プロアスリートによる指導や専門家による情報発信を通じて、スポーツに打ち込む子どもたちやその保護者を全力で応援する会社。「スポーツを通じて社会を元気にしたい」と語る關口清社長の情熱に、タレントの水野裕子さんが迫った。


子どもの深刻なスポーツ離れに歯止めを

水野 スポーツ事業を手がける(株)Future Protectさんは、2023年6月に設立されたばかりだとうかがっています。關口社長は独立前からスポーツと関わりを持っていらっしゃったのですか?

關口 独立以前、私は外資系の生命保険会社で働いていました。それと並行して、小学生の頃から野球に打ち込み始めた息子のサポートにも力を入れていたんです。夢を追う息子の成長を日々感じるにつれ、応援にも熱が入り、2017年からは彼の母校である野球強豪大学の野球部後援会長を務めるまでになりました。

水野 御社のホームページに掲げられていた「子どもたちの夢を全力で応援する」という言葉には關口社長ご自身の経験が反映されているのですね。起業までの経緯についても教えてください。

關口 起業するに至った動機の1つは、子どもたちの深刻なスポーツ離れにあります。例えば、日本で国民的な人気を誇ってきた野球も、今やプレーヤーの数が少子化を上回るスピードで減っているそうです。また、運動場所の減少や、娯楽の多様化、世帯間の経済格差が原因で、スポーツをする子としない子の二極化が進み、「スポーツ格差」が生まれてもいます。そうした現状を受け、スポーツに興味を持つきっかけや、スポーツを続ける場所・環境を子どもたちに提供することで、スポーツを社会に浸透させ、世の中を元気にしたいと考えるようになったんです。この思いを周囲の方々に話したところ、同じ志を持つ仲間が集まってくれ、当社を設立するに至りました。私たちの小さな一歩が、将来的に日本の未来を変える大きな一歩になればと思っています。

環境づくりに必要な知識を提供

水野 なるほど。御社は同じ思いを持った方々が結集してできたいわば“チーム”なのですね。では、具体的な事業内容についてお聞かせください。

關口 1つ目の柱は、スポーツ教室・イベントの開催です。現役、あるいは元プロアスリートを指導者に迎え、野球やサッカーをはじめ、さまざまなスポーツを子どもたちに教えます。そして2つ目は、動画配信サービスを活用した情報発信です。動画を通じて、子どもたちの体づくりに欠かせない栄養学や、家計を安定させるために必要なファイナンシャル・プランニング(FP)など、健康や暮らしに役立つ幅広い知識を専門家から学んでいただけます。また、有名アスリートへのインタビューや対談企画なども配信していく予定です。会員料金もお手頃なので、気軽に始めていただけますよ。

1 2

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!