一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

コラム

セルフブランディングプロデューサー福田宇華のこれから一歩踏み出したい 女性に届けるメッセージVol.5

Vol.5 自分の強みを生かした働き方

時代の変化と働き方の多様化によって、自ら事業を立ち上げる女性が徐々に増えてきている。しかし、起業してみたものの、自身の長所を生かす方針づくりや、業界内の人脈を広げる方法がわからず、悩んでいる人も多い。ここでは、そんな女性起業家たちをセルフブランディングプロデューサーとして支えるuka planet(同)の代表・福田宇華氏が、一歩踏み出すための勇気とノウハウを与えるコラムをお送りする。

こんにちは。セルフブランディングプロデューサーの福田宇華です。今回のテーマは「自分の強み」について。私の起業テーマである“自分らしく働く”とは、自分が生かされる環境に身を置くこと。あなたは、自分が生かされる環境に身を置いていますか?

あなたの強み

「あなたの強みは何ですか?」と聞かれて、すぐに答えることはできるでしょうか。それができた方は、日々自分に目を向けている証拠なのだろうと思います。経営者の方々は、日頃から自分と向き合いながらビジネスをされていますから、ご自身の強みについても深く理解されていることでしょう。

私自身も、起業する前は自分の「強み」も「弱み」も分からずに日々生活していました。いざ起業するとなって自己分析をした時に、自分のことをよく理解していなかったな、と感じたものです。それまではそんなことを考えもせず、ただただ幸せな生活をしていましたが、どこか心が満たされない不思議な感情がありました。当時は良くわからなかったのですが、今、分析してみると、“自分と向き合ってほしい”というサインだったのかもしれません。自分を理解できていないと、起業で壁にぶち当たったときに乗り越えられませんから。

自分の「強み」を知って、それが生かされる場所に身を置いた時に、初めてその強みは発揮されます。自分が変わらずとも、環境が変わったおかげで、生き生きと過ごせたり、ワクワクと楽しい気持ちになったりした経験はありませんか?同じことをしているはずが、ある環境では責められて、別の環境では賞賛される・・・。

起業では、自分を多少変えて(変容して)いく柔軟性は必要ですが、変えなくてもよい「軸」の部分は、環境によって伸びたり芽を摘まれたりしますので、適切な環境を選ぶことが何より重要です。強みが生かされている時は、とにかくワクワクして心が躍る感覚があります。端的に言うと「自然体」の状態ですね。そんな仕事ができたら、素敵だと思いませんか?

具体的に才能のタネを見つけるための方法

では、具体的に自分の強みを知るにはどうしたら良いでしょうか。今回はご自身でもできる手順を2つに分けてお伝えいたしますね。

才能のタネを見つける手順①

<キャリアの棚卸し>
自分が今までやってきたこと失敗も成功も含めて細かく可視化して書いてみてください。あなたのこれまで歩んできた道をもう一度棚卸しし、自分の「引き出し」を開けてみるのです。直近の実績に目を向けがちですが、「成功の原石」は意外と幼少期や学生時代にあったりするものです。まずは紙にあなたのキャリアを書き出してみてください。役職や肩書きも含めてです。

才能のタネを見つける手順②

<自分の行動や感情の振り返り>
キャリアを書き出した後に、その時の自分の行動や感情を書き添えてみてください。どんなアクションを起こしたのか?どう感じたのか?素直に書くことが重要です。特に女性企業家は「感情」としっかり向き合わないと前に進めないことが多いので、喜びの感情も負の感情もひっくるめて書き出していただければと思います。そうすると、自分の傾向が見えてきます。知っているようで知らない自分。まずはこれまでの自分としっかり向き合い、認めることで、これから先の起業が不思議なくらいスイスイと進んでいくのです。

SWOT分析

皆さんは「SWOT分析」というものをご存知ですか?外部環境と内部環境を、好ましい側面と好ましくない側面から整理する分析方法で、経営課題を考えたり事業機会を検討したりする場面で活用されることが多いです。SWOT分析には内部要因における「強み」と「弱み」、外部要因における「機会」と「脅威」の2軸のマトリクスがあり、内部要因の軸ではヒト・モノ・資金について整理し、外部要因の軸では業界・市場・顧客・競合などについて整理します。

SWOT分析を上手に活用すると、自身の今後の戦略が導き出せるようになるのですが、そのために内部要因である「強み」と「弱み」、外部要因である市場の「機会」と「脅威」を正しく整理しなければなりません。自分の「強み」がスキルなのか?ノウハウなのか?または人間性などのコミュニケーション能力なのか?――目に見えるものとそうでないものとでも分かれてきます。私は、どの項目でもバランスを取ることが大切だと考えています。ぜひ皆さんもやってみてください。

強みが発揮される場所に移動する

まずはしっかり自分を理解し、「今後どうなりたいか、どうありたいか」と自問自答した時に、今の環境はそれを叶えてくれるものになっているでしょうか。もし、あなたの夢や希望を叶えてくれない環境に身を置いてしまっているようなら、そろそろ卒業の時期なのかもしれません。変化を恐れないでください。今は自分の選択次第で、いかようにも幸せになれる時代です。あなたが「幸せになる選択」をすることを願っています。

(次号へ続く)

■プロフィール
セルフブランディングプロデューサー
福田 宇華(ふくだ うか)
 
短大栄養科卒業。洋菓子メーカーに8年間勤務し、百貨店での店長業務経験後、結婚を機に退職。3人の息子に恵まれ専業主婦時代を過ごす。40歳前に栄養士パートで社会復帰すると、「漢方美活club」を立ち上げ個人事業主としてスタート。2020年7月にはuka planet(同)を設立し、自身のサロンマンションを購入する。食べる薬膳茶【美活eat薬膳茶】考案者。コミュニケーション能力・行動力・発信力を武器に、現在は自分らしく働きたい女性のサポートとしてコーチングやコンサルティング、起業塾の開講、ブランディングプロデュース、イベントプロデュースを手がける。「起業女性を孤独にしない」をモットーに、コミュニティやプロジェクト立ち上げ経験多数。『婦人公論』『anan』『朝日新聞Degital』『新時代のヒットの予感』などメディア掲載多数。日本橋三越カルチャーサロン「根本美人講座」開催経験あり。2021年「ミセスなでしこ日本」ファイナリスト。趣味はドライブと山登り。
 
uka planet 合同会社
URLhttps://ukaplanet.com/

<< Vol.4 やり方よりも在り方を問うVol.6 自分の強みを生かした働き方② >>

 
 
 

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!