一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(チャレンジプラス)

注目企業インタビュー

退職代行サービス「OITOMA」で<br />
新たな1歩を踏み出す手伝いを

サービス

退職代行サービス「OITOMA」で
新たな1歩を踏み出す手伝いを

株式会社 5core
代表取締役 齋藤 大河

PROFILE

2017年にテレアポの営業会社に就職し、トップの成績を獲得。その後はWebマーケティング会社に転職してマーケティングスキルを培う。これまでの経験を基盤に独立し、2021年に(株)5coreを設立。自社メディアでは、海外FXマガジン・海外バイナリーオプション大学を運営。現在は退職代行サービス「退職代行OITOMA」の運営を中心に、金融メディアの運営やWebサイト制作などを展開している。

COMPANY DATA

株式会社 5core

住所
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-6-2
URL
https://5core.co.jp/

矢部 渋谷区を拠点に、金融メディアの運営やWebサイト制作を手がけていらっしゃるという(株)5coreさん。現在は、退職代行サービス「OITOMA」の運営にも力を入れていらっしゃるそうですね。

齋藤 ええ。実は、私自身が前職を辞める際に強いストレスを抱え、退職代行サービスを使ったことがあるんです。当時は電車に乗るだけでも動悸が激しくなってしまうほど、精神的に追い詰められていました。そうした中で、自分と同じような悩みを抱えている人をサポートしたいと思い立ち、退職代行「OITOMA」の運営をスタートさせたんです。

矢部 仕事を辞めたいと考えている方は、実際どの程度いらっしゃるのでしょうか?

齋藤 当社へのお問い合わせは非常に多く、実際にサポートさせていただている案件数だけでも月間100件ほどに及びます。ご対応に奔走する毎日ですが、おかげさまで、お客様に対してアンケートを実施したところ、98%の方が「サービスに満足している」と回答してくださったんです。

矢部 それだけ、齋藤社長がお客さんのためを思って事業を展開されている証なのだと感じました。「OITOMA」を提供するうえで、特に大切にされている点はなんでしょうか?

斎藤 やはり私自身が退職代行サービスの利用を経験しているからこそ、利用者様には少しでも気持ちの良い退職をしていただきたいという思いがあります。利用者様のつらい思いを1秒でも早く拭い去りたいという気持ちから、LINEでのお問い合わせには2分以内に返答するなど、レスポンスの速さを重視していますね。また、行政書士の方とも連携して、残業代金の請求書作成といった労働問題までサポートしているんですよ。

矢部 それは素晴らしい。利用者さん1人では対応が難しかった問題までお任せできるのですね。

斎藤 はい。ただ、業界内で悪いうわさが立つなどのトラブルを防止するためにも、私たちが推奨しているのはあくまで「円満退社」です。そのためにも、当社では業務引き継ぎのテンプレートをご用意するなど、企業側と利用者様がお互いに気持ちの良い状態で区切りが付けられるよう配慮しています。

矢部 今後のビジョンについてはいかがですか?

齋藤 第一の目標は、退職代行サービス「OITOMA」の認知度を上げること。そして「OITOMA」を、退職代行サービスと言えば誰もが思い浮かべるブランドへと成長させることです。そしてゆくゆくは、退職した利用様の転職活動まで支援できるよう体制を強化していきたいですね。これからもチームメンバーの力を借りつつ、過去の自分のように苦しんでいる方々を助けられるよう、全力を尽くしてまいります。

躍進企業応援マガジン最新号

2024年7月号好評販売中!