一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(チャレンジプラス)

注目企業インタビュー

大切な遺品を必要とする人へと届ける<br />
海外進出も見据える若きパイオニア<br />

サービス

大切な遺品を必要とする人へと届ける
海外進出も見据える若きパイオニア

T&T
代表 東久保 友見

PROFILE

26歳まで日本や海外で野球に打ち込む。帰国後は、旭川市のリサイクル業者のビジネスモデルに感銘を受け、遺品整理業へ。遺品整理士・古物商許可を取得し、2022年12月に「T&T」を創業。札幌市を中心に、遺品整理業・便利屋業・リサイクル業・除雪業などを手がけている。

COMPANY DATA

T&T

住所
〒062-0039
北海道札幌市豊平区西岡498-22
URL
https://tandt-recycle.com/


石黒 東久保代表は20代後半まで野球に打ち込まれ、日本のみならず、海外でもプレーされていたそうですね。

東久保 はい。海外では頼れる人脈も、収入もない状態からスタートして、手に入れた環境でチームMVPを獲得するまでになりました。遺品整理業も初めての業界ではありますが、当時の経験から得たハングリー精神を生かして成長していきたいと考えています。

石黒 すごいバイタリティですよね。この業界に魅力を感じられたのには、何かきっかけがあったのですか?

東久保 廃棄物を生み出さないというビジネスモデルに魅力を感じたんです。故人のお宅で使わなくなった物を引き取り、オンラインやオフラインで販売することで、必要な人の元へと渡っていく─―そんな好循環を通して、人々に笑顔を届けたいと思っています。

石黒 遺品整理士さんで古物商許可を取得されている方というのは、意外と少ないような気がします。

東久保 おっしゃる通りで、遺品整理だけを請け負っている業者は、不用品の回収をしてもそのまま捨ててしまいます。その点、当社はきちんと買い取りをして、遺品整理の費用から差し引きできる仕組みを整えているので、お客様のご負担も軽減できるんですよ。

石黒 なるほど、それは良いですね。他にも事業を手がけるうえで心がけていらっしゃることはありますか?

東久保 遺品整理に入る前には、お客様と時間をかけてコミュニケーションを取るようにしています。作業スピードやコスト削減も大事ですが、お客様に満足していただくことが何より優先です。お客様の物を大切に扱い、間違っても必要な物や思い出の品を処分してしまうことがないよう細心の注意を払っています。

石黒 頼もしいお言葉です。実は、私は先日引っ越しをした際に、伝達不足から大事なものがかなり処分されてしまって。人によって大切にしているものは違いますから、事前にしっかり確認してもらえるのはありがたいですね。

東久保 直近で、新しい倉庫も契約してきましたから、手放すご決断をされた物についても、できるだけ多く引き継いでいければと考えています。

石黒 お仕事に対して真摯に向き合われている姿勢が伝わってきます。では最後に、将来のビジョンを語ってください。

東久保 リサイクルショップの運営や、海外の野球チームのつながりを生かしたビジネスを展開したいと考えているところです。例えば、日本で回収した物を海外で再販するなど、とにかく視野は広く持っていたいですね。また、ゆくゆくは自分がかつて所属したような、独立リーグの野球チームを持ちたいと思っています。私自身が海外で苦労した経験をもとに、スポーツ留学の支援もできる企業へと成長できれば幸いです。

GUEST COMMENT

石黒 彩

東久保代表のお話は、ブレない1本の軸が通っているように感じました。やはり、これまでアスリートとして努力されてきたぶん、目標へ向かって真っすぐ進んでいける体と心の強さがあるのでしょうね。ぜひ、人と人を物でつなぐ素敵な事業を拡大させ、野球チーム設立の夢をかなえられてください!

躍進企業応援マガジン最新号

2024年7月号好評販売中!