一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(チャレンジプラス)

注目企業インタビュー

顧客満足を何よりも重視

 お仕事の種類も対応エリアも幅広く、頼もしさを感じます。ここまで多くのサービスを提供されている業者さんはなかなかいないと思いますよ。

 そうですね。「何でもやります」と宣伝する工務店はありますが、大抵は受注した仕事を下請けに出しています。一方、当社は全ての案件を自社だけで対応することで、高品質かつリーズナブルなサービスを実現しているんです。

 それは素晴らしい。下請けの業者さんが現場に来ると、工事中に新しく何かお願いしたいことがあっても、「いったん会社に持ち帰ります」と判断が後になりがちですよね。その点、トラスカンパニーさんのように直接やり取りをさせていただけるとレスポンスも早くなりますし、お客さんとしては安心だと思います。

 ありがとうございます。ただ、自社ですべての工事を行うには、技術の裏付けが必要です。私たちは同業者の中でも技術や知識がかなりあるほうだと自負していますし、現場でお客様に「できません」と言うことはまずありません。水道でもガスでも電気でも、住宅のことなら全部ワンストップで仕事が収まります。

 現場に臨まれる際に、森代表が日頃から心がけていらっしゃることはありますか?

 お客様にどれだけ満足していただき、喜んでいただけるかということを常に意識して行動しています。技術的なことはもちろん、お客様からの要望にどこまで応えられるかが重要なんです。何もかもが思い通りではなくても、なぜその工程になるのかを丁寧にご説明し、きちんと納得していただいたうえで施工するよう心がけています。また、工事中に追加の材料費が発生する場合なども、よほど高額でなければ追加で請求するようなこともありません。そうした小さい心配りが、お客様との信頼関係構築につながると思っているんです。

不動産賃貸の業界に新風を吹き込む

 会社を大きくしていかれるうえでは、人材育成も重要になると思います。森代表は、どのように指導に当たっていらっしゃいますか?

 正直、人を育てるのは難しいと感じる毎日です。先ほども話しましたが、私自身は「見て覚えろ、覚えたら自分でやってみろ」という環境で育ちました。しかし、今の若い世代に同じやり方は通用しないですから、どのように伝えていけば良いか、常に試行錯誤しています。ただ、そんな中でも会社に残って、私に付いてきてくれるスタッフは吸収が早く、初めの1、2カ月だけ細かく指導した後は、もう仕事を任せられるんです。私が誰よりも現場に出ているので、その姿を見て育ってくれているのかもしれませんね。

 では、会社としてこれから挑戦してみたいと思うことについて語ってください。

 今後は、不動産関係の施工に力を入れていきたいと考えています。というのも、賃貸マンションなどの管理会社は、何かの工事が発生した時、間に会社を挟んで発注していることが多いんです。そうすると中間マージンが発生しますし、工事を引き受ける業者の単価も安くなります。もし、うちの会社がこうした受発注の関係に食い込むことができたら、中間マージンを取らずに工事ができるので、大家さんも私たちも得をする「win-win」の関係になれるかなと。

 おお!もしそのビジネスモデルが確立すれば、業界に大きなインパクトを与えられそうですね。

 ワンストップで幅広いサービスを提供していくなら、そのくらい大きな目標を持ちたいと思っています。これからも人員を増やしながら1年、3年、5年と順調に事業を拡大させ、7年後には業界に革命を起こせるよう、これからも走り続けて行きます!

1 2

躍進企業応援マガジン最新号

2024年5月号好評販売中!