一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(チャレンジプラス)

注目企業インタビュー

顧客のイメージを形にするため全力を注ぐ<br />
VTuber制作も手がけるイラストレーター

サービス

顧客のイメージを形にするため全力を注ぐ
VTuber制作も手がけるイラストレーター

仲春瑠美
イラストレーター 蒼巳 生姜

PROFILE

幼少期から絵を描くことが好きで、一般企業に就職した後も同人誌を制作するなど、創作活動を続ける。「仲春瑠美」の屋号で、2022年1月に個人事業主として開業。同年6月、埼玉県深谷市出身の武将・畠山重忠をモチーフにしたキャラクター「重忠様」が、「畠山重忠公プロジェクト」に採用される。イラスト制作の他、VTuberのモデル制作も多数担当。

COMPANY DATA

仲春瑠美

住所
〒366-0801
埼玉県深谷市上野台487-5
URL
https://harurium.com/

深谷市主催のあるプロジェクトを機に躍進

 深谷市を拠点に「仲春瑠美」という屋号でイラストレーターとしてご活躍中の蒼巳生姜さん。子どもの頃から絵を描くのがお好きだったのですか?

蒼巳 はい。物心ついた時から絵を描くことが大好きで、将来は漫画家になりたかったのですが、親から猛反対されて一度は一般企業に就職したんです。ただ、就職後も創作活動は続けていて、制作したイラスト本を同人誌即売会で販売するなど、意欲的に活動していたんです。おかげさまで徐々にイラストレーターとしてのお仕事が増え、ご依頼いただく案件の規模も大きくなったことから、2022年1月に個人事業主として開業しました。

 イラスト制作に情熱を注ぎ、ご自身の好きなことを仕事にされたのですね。ところで、深谷市主催のあるプロジェクトでは、蒼巳さんのキャラクターデザインが採用されているそうですね。それにはどういった経緯があったのでしょうか?

蒼巳 深谷市出身の武将・畠山重忠の功績を広めることで地域を盛り上げる「畠山重忠公プロジェクト」の一環として、畠山重忠をモチーフとしたキャラクターデザインの公募があったんです。そこで私がデザインした「重忠様」が最優秀作品となり、プロジェクトのキャラクターとして採用されました。重忠様のイラストは、地元の商店でグッズなどに使われている他、市のイベントのPRにも活用されています。重忠様をきっかけに私のことを知ってくださる方も増え、良い機会をくださった深谷市には非常に感謝しているんです。

 重忠様が、蒼巳さんの看板キャラクターとなったわけですね。

蒼巳 そうなんです。このプロジェクトをきっかけにつながりができ、深谷市とは現在でも一緒にお仕事をさせていただいています。例えば、2023年3月からは深谷市出身の実業家・渋沢栄一をモチーフに制作したVTuber「深谷栄一」のプロジェクトが始動しました。敬意と親しみを込めて「渋沢栄一翁」とも呼ばれる彼の肖像は、新1万円札にも描かれるんです。このプロジェクトで私は、イラスト制作だけでなく、VTuberのモデル制作やプロデューサーも務めさせていただいています。

1 2

躍進企業応援マガジン最新号

2024年5月号好評販売中!