一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(チャレンジプラス)

注目企業インタビュー

観葉植物を取り入れ、生活に癒やしを<br />
理学療法士が営む観葉植物ショップ<br />

卸・販売

観葉植物を取り入れ、生活に癒やしを
理学療法士が営む観葉植物ショップ

ケレース・ラボ
代表 庄野 涼一郎

PROFILE

医療・障がい者福祉分野に10年以上携わる。その後、理学療法士としてグループホーム「アイケアホーム」に就職。仲間と共に認知症カフェ「cafe day-g(カフェデイジー)」を2023年7月に立ち上げる。同時期に観葉植物を販売する「ケレース・ラボ」をオープン。

COMPANY DATA

ケレース・ラボ

住所
〒720-2102
広島県福山市神辺町東中条1177-2 2F
URL
https://cares-labo.com/

水野 観葉植物を販売されている「ケレース・ラボ」さん。お店をオープンされたきっかけから教えてください。

庄野 きっかけは当店の下の階にあるグループホーム「アイケアホーム」と、そこに併設された認知症カフェ「cafe day-g」にあります。私は理学療法士として、1階の「アイケアホーム」で働いています。2023年7月に仲間たちと共に「cafe day-g」を立ち上げた際、カフェにより多くの方に来てもらうきっかけづくりとして、私が昔から好きな観葉植物を販売する当店をオープンしました。

水野 認知症カフェとはどういったものなのか、非常に気になります。

庄野 よくある認知症カフェは月に1~2回、認知症の方やそのご家族、地域の方々が集まって交流したり、認知症について学んだりする場所です。“認知症カフェ”というと、認知症に関わりがある人しか来られないように思えますが、私たちは認知症に今まったく関わりを持っていない人にも来ていただきたいと思っています。ですから週5日オープンして、普通のカフェと同じように営業しているんです。

水野 なるほど。お客さんとして普段から通っていれば、認知症関連で何か困ったことがあった時に気軽に相談できますものね。「ケレース・ラボ」さんはどういった思いで経営されているのですか?

庄野 観葉植物が生活空間にあれば癒やされますし、明るい気持ちになりますよね。その気持ちが日々の生活の支えになると思うんです。気軽に生活に観葉植物を取り入れていただきたいという思いから、当店では、一人暮らしのお部屋に飾れるコンパクトな品種を中心にそろえ、リーズナブルな価格で販売しています。定番の品種はもちろん、福山市ではなかなかお目にかかれない珍しい品種の観葉植物も取り扱っているんです。

水野 初心者から観葉植物好きまで幅広い方が楽しめるお店なのですね。ところで、日々、植物や高齢者の方と向き合う中で何か感じられるものはありますか?

庄野 植物のお世話をしていると、予想外のことがたくさん起こります。なぜ枯れてしまったのか理由がわからないことも多いんです。植物はコントロールしようとしてもできません。だから、そのままならなさを受け入れ、トライアンドエラーでお世話に取り組んでいくしかない。その点は認知症の方との向き合い方と同じだと思います。

水野 確かに植物と同様に、他者は自分の思い通りにはなりません。当たり前のことですが、庄野代表のお話を通じてそのことに改めて気付かされました。

庄野 植物を育てるうえで学んだことが、認知症の方と接する時に生きていますし、その逆もあります。良い循環が生まれているのを感じていますね。今後はイベントを積極的に開いて、当店を障がいの有無・性別・年齢を超えて誰もが楽しめる場所にしていきたいです。

GUEST COMMENT

水野 裕子

植物に対するのと同じように、認知症の方々のままならなさを受け入れる庄野代表の姿勢に感銘を受けました。植物は癒やしであるのと同時に、人との向き合い方を教えてくれるものなのですね。これからも植物、そして利用者の方々と向き合いながら、訪れた誰もが楽しめる場所をつくっていってください!

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!