一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(チャレンジプラス)

注目企業インタビュー

エンドユーザーの目線でサービスを改善<br />
顧客と共にWebシステムを開発する<br />

IT

エンドユーザーの目線でサービスを改善
顧客と共にWebシステムを開発する

株式会社 CAROL
代表取締役 薄田 広志

PROFILE

長野県伊那市出身。東京の大学でプログラミングを専攻し、卒業後はゲーム会社に就職。エンジニアとして修練を積み25歳でフリーランスになる。顧客ファーストの姿勢で業績を伸ばし2016年11月に(株)CAROLを創業。システム開発とWeb制作で高い評価を得ている。

COMPANY DATA

株式会社 CAROL

住所
〒171-0044
東京都豊島区千早2-14-8
URL
https://www.carol-i.com/


宮地 薄田社長はどのような経緯でIT業界において起業されたのですか?

薄田 私は大学時代にプログラミングを専攻し、同時にゲームに夢中になりました。卒業後は、自分でも人々を魅了するゲームをつくりたいという思いから、ゲーム会社に就職したんです。そこでは精鋭集団の中でもまれながら、研さんを積みました。そして、2年後にフリーランスとして独立したんです。最初は1人で暮らせる程度の収入があればいいという軽い気持ちで独り立ちしましたが、おかげさまで徐々に仕事が増え、2016年に法人化を果たすことができました。

宮地 それでは、(株)CAROLさんの事業内容について教えてください。

薄田 当社の業務の9割はWebシステムの開発です。おそらく宮地さんもお使いになっているWebサイトの予約や顧客管理、マッチングなどさまざまなシステムをつくり上げています。さらに、そのシステムを表示するためのWeb制作も手がけているんですよ。

宮地 薄田社長が順調に事業を拡大できている理由をお聞きしたいです。

薄田 システム開発会社の多くは、「納品したら仕事は終わり」と考えています。その中で当社は、クライアント様と共にシステムを「育てる」ことを重視しているんですよ。クライアント様の業界について詳しく知り、さらにWebシステムを利用するエンドユーザー様の立場に立って「もっとこうしたほうがいいのではないでしょうか」とご提案します。そのためにも私は完成したシステムを早めに運用し、エンドユーザー様のご要望に応えて改善する「リリースファースト」の立場で開発を手がけています。

宮地 なるほど。そうした誠実な姿勢がクライアントさんの信用につながっているというわけですね。

薄田 はい、そう自負しております。独立してしばらくはお客様がゼロで営業もしていませんでした。しかしありがたいことに、次第にクライアント様やチームで開発に取り組んだ仲間から「この案件も頼むよ」と声をかけていただける機会が増え、みるみるうちに横のつながりが広がっていったんです。

宮地 その素晴らしい関係を維持するために、薄田社長が心がけていることは何でしょうか?併せて、今後の抱負についてもぜひお聞かせください。

薄田 私が大切にしているのは、Webシステムの内容をクライアント様に平易な言葉で説明することです。また、「高い技術を持ち、人柄も良い人間」でいることも大事にしています。会話がしやすいエンジニアとして顧客ファーストの関係を築き、そのうえでエンドユーザー様が私の開発したWebシステムを使い続けてくれると大きなやりがいを感じますね。今後も当社はこのポリシーを貫きながら同じ思いの会社を増やし、リーディングカンパニーを目指すつもりです!

GUEST COMMENT

宮地 真緒

今や私たちの暮らしに欠かせないWebシステムを、エンドユーザーやクライアントさんの声を聞きながら成長させるという薄田社長のポリシーには絶大な信頼感がありました。高い技術力と親しみやすいお人柄を兼ね備えておられる社長。ぜひその魅力で、IT業界をより良い方向に変革していただきたいですね!

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!