一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(チャレンジプラス)

注目企業インタビュー

公認会計士が上場準備会社をサポート!<br />
共に成長の喜びを味わい社会に貢献する<br />

スペシャリスト

公認会計士が上場準備会社をサポート!
共に成長の喜びを味わい社会に貢献する

白倉公認会計士税理士事務所
代表 / 公認会計士 / 税理士 / 宅地建物取引士 白倉 健太郎

PROFILE

慶応義塾大学在学中に公認会計士を志し、公認会計士試験に合格。卒業後、大手監査法人に就職して実務経験を積み、公認会計士の資格を得る。12年の経験を積み2022年7月に独立。「白倉公認会計士税理士事務所」を設立し、主に上場準備会社の支援を手がけている。

COMPANY DATA

白倉公認会計士税理士事務所

住所
〒153-0065
東京都目黒区中町1-41-7
イニシアイオ目黒学芸大学Ⅱ1F
URL
https://shirakura.tkcnf.com/page1


阿部 公認会計士や税理士の資格をお持ちの白倉代表。まずはこれまでのご経歴についてお聞かせください。

白倉 私は早稲田大学理工学部に進んだものの、経済の世界に興味を持つようになり中退し、慶応義塾大学経済学部に入学しました。すると周囲に公認会計士を目指す学生が大勢いたんです。それもあり、私は自分の腕と看板で戦うことができる公認会計士になろうと決意しました。その後、大手監査法人に就職して実務経験を積みながら、公認会計士として登録した次第です。勤務先の居心地はとてもよかったのですが、12年のキャリアを積んだ頃、そろそろ環境を変えようと決断し、2022年7月に独立しました。

阿部 税理士と公認会計士の違いや、現在の業務内容についてもぜひ教えていただけますか?

白倉 税理士の主要業務は、税金の申告など企業や個人事業主の税務をサポートすることです。他方、企業の財務書類を監査するのが公認会計士ですね。私は監査法人に勤めていた頃から上場準備会社の監査を担当する機会に恵まれ、現在も財務指導や社内管理体制の構築などを通じて、近い将来の上場を目指す企業のコンサルティングを多数手がけています。

阿部 なるほど。豊富な知識と経験を生かしてスムーズな上場を達成する。それが白倉代表の特色なのですね。

白倉 はい。公認会計士であれば誰もが企業の上場を支援できるというわけではありません。この仕事には専門的な知識とノウハウが欠かせないんです。私は上場を目指す若い企業様と常に伴走してきました。ただ単に書類の数字をチェックするだけでなく、お客様と信頼関係を築き、力を合わせて上場を実現させる――これが私の強みだと自負しています。

阿部 では、お客さんと接するうえで白倉代表が特に心がけていることは何でしょうか?

白倉 自分がお客様の立場だったら、どのような情報が欲しいと思うかを想像し、最初は聞き役に徹してお話を引き出してから最適なご提案をする。そうしたお付き合いをするように意識しています。そのうえでお取引先の企業様と二人三脚で走り、共に成長の喜びを味わえる毎日は大きなやりがいがあるんです。また、企業のサポートを通じて社会に貢献することを目標にしています。

阿部 素晴らしいですね。では最後に、将来の抱負についてお話しください。

白倉 当社は今後も、あらゆる企業様の税務や会計を、縁の下の力持ちとして支え続けます。おかげさまで監査法人の頃からお付き合いが続く企業様も多く、豊富な人脈に恵まれた私は「頑張ってきてよかった」と心から喜びを感じているところです。近い距離でお客様と接し、何よりも信頼を大事にする。この理念をいつまでも崩さずに仲間を増やし、事務所を大きくできればと考えています!

GUEST COMMENT

阿部 桃子

公認会計士や税理士は、通常「先生」とも呼ばれる立場ですが、白倉代表はとても気さくでお話ししやすいお人柄の方でした。何でも率直に相談できるところが代表の最大の強みではないでしょうか。これからも多くの企業を成長させ、私たちの暮らしを支えてください。さらなるご活躍を楽しみにしています!

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!