一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(チャレンジプラス)

注目企業インタビュー

思考の幅を広げ気付きを促すコーチングで<br />
人と組織の成長を力強くサポートする<br />

スペシャリスト

思考の幅を広げ気付きを促すコーチングで
人と組織の成長を力強くサポートする

セルフ・マネジメント・オフィス
代表 松井 睦子

PROFILE

大学卒業後、金融系IT企業に就職する。その後、フリーの技術者を経て、独立系IT企業に入社。教育部長・人材開発室長として組織の人材育成に取り組むようになる。同社の子会社で教育事業の外販に携わった後、2011年に独立し、「セルフ・マネジメント・オフィス」を開業。

COMPANY DATA

セルフ・マネジメント・オフィス

住所
〒211-0053
神奈川県川崎市中原区上小田中3-29-1
URL
https://self-m.com/


阿部 松井代表はコーチングを軸に、企業の教育支援に取り組まれているとうかがいました。どんな経緯で人や組織と向き合うお仕事を始められたのですか?

松井 私は、大学を卒業し金融系IT企業に勤めた後、フリーの技術者として活動しました。その後、入社した独立系IT企業で、プロジェクトマネジャーを育てる仕事を任されたんです。技術者の教育に携わったところから発展し、その後は教育部長・人材開発室長として会社全体の人材育成に取り組みました。そして、子会社での教育事業の外販業務を経て、独立した次第です。

阿部 人や組織の育成に長年取り組まれてきたのですね。現在の事業内容についても、ぜひ詳しく教えてください。

松井 コンサルタントとして、企業の人材育成を支援しています。具体的には、研修や一対一のコーチング、より良い組織をつくるための体制の構築などを通じて人と組織の成長をサポートしているんです。現在、メインとしているのはコーチングのお仕事ですね。最初は経営幹部の方を中心にコーチングを行っていましたが、今は新入社員の方々も担当させていただいています。

阿部 最近よく耳にするようになりましたが、コーチングとは一体どういったものなのでしょうか?

松井 コーチングは管理職に必要なマネジメントスキルを高めるための手段でもあります。人は、自分の知識や思考の枠の中でしか意思決定できないと言われています。ですから良い意思決定をするためには、思考の幅を広げることが重要です。全体を俯瞰で捉え、さまざまな角度から物事を見られるように質問を通じてクライアント様の思考の幅を広げていく、マネジメントスキルを高めるのが私の役割なんです。

阿部 クライアントに寄り添いながら、気付きを促していくイメージですね。

松井 その通りです。コーチはクライアント様にとって上でも下でもない存在で、強いて言うなら伴走者です。私の質問をきっかけにクライアント様がご自身で気付きを得られた瞬間に、大きなやりがいを感じるんです。また、私は、皆さんに自身の弱みではなく強みに目を向けてほしいと思っています。強みを伸ばすことが弱みを克服することにもつながりますからね。そういったポジティブな考え方をお伝えすることで、クライアント様が一歩前に踏み出すサポートができれば本望です。

阿部 では最後に、今後の展望についてもお聞かせください。

松井 今、IT業界のプロジェクトマネジャーを対象にした論文を書いています。これが世に出ることで、プロジェクトマネジャーの皆さんの仕事がもっと楽になったら嬉しいです。それが私を育ててくれたIT業界への恩返し、あるいは恩送りになると思っています。

GUEST COMMENT

阿部 桃子

穏やかな口調でお話しされる松井代表と対話しているうちに、私もコーチングを受けている気持ちになりました。実際のコーチングでもクライアントに温かく寄り添い、質問を通して気付きを促されているのだと思います。今後もクライアントの方々が組織で生き生きと活躍できるようサポートしてあげてくださいね。

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!