一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

注目企業インタビュー

新進気鋭の大工として最先端を進み<br />
木造と向き合い建築業界を変革する革命児<br />

建設

新進気鋭の大工として最先端を進み
木造と向き合い建築業界を変革する革命児

株式会社 川上工務店
代表取締役 川上 赳己

PROFILE

東京都板橋区出身。野球で大阪の強豪高校に入学。大工を志してものつくり大学に進学した後、工務店での修業を経て22歳で独立。2022年に(株)川上工務店を創業し、現在は若さと機動力を武器として、木造建築を中心とする総合工事を手がけている。

COMPANY DATA

株式会社 川上工務店

住所
〒 352-0004
埼玉県新座市大和田5-9-7-6
URL
https://kawakami-kohmuten.com/

宍戸 27歳という若さで躍動する川上社長。まずは、(株)川上工務店を創業されるまでの歩みを教えてください。

川上 私は18歳までは野球に打ち込み、強豪高校にも進学して練習に励んでいました。ある時、とあるきっかけから部室のゴミ箱をつくった際に楽しみを見出して、将来は職人の道を志すようになったんです。卒業後はものつくり大学への進学を経て、工務店に弟子入りして修業を始め、2年後に独立をしました。現在は、木造建築を専門とする施工に注力しつつリフォーム工事にも進出し、総合工務店として展開しています。

宍戸 若くして独立をされたということで、きっと相当の努力をなされたのだと思います。

川上 ええ。人よりとにかく考え抜き、1つの作業を突き詰めたという自負があります。ですから、隠れた努力に裏打ちされた、仕事の質とスピードには圧倒的な自信を持っていますね。しかし、速いから雑というわけではありません。現場は必ずきれいに整理整頓するなど、見た目の面からきっちりと配慮も行います。そうすることで、お客様や同じ作業者の方の不安を拭い去り、信頼していただくことができるんですよ。

宍戸 それは頼もしい限りです。従業員の方の育成面については、どのような点を大切にされていますか?

川上 当社ではすでに21歳と25歳の若手を育成し、現場を任せられるほどに成長しています。今は若い人材が手薄になっているのが現状ですから、若い人たちにとって業界全体が魅力的に映り、少しでも興味を持ってもらえるように、当社ではまず給料の面から充実させて身の回りの人材だけでも幸せにしていきたいんです。また、日頃から仕事中と休憩時間のメリハリをつけて雑談に花を咲かせるなど、メンタルケアの面も大切にしていますね。

宍戸 そんな真っすぐな川上社長の原動力は、どこから湧き上がってくるのでしょうか?

川上 一番の糧は、やはりお客様の笑顔を見た時ですね。「大工さんが川上さんで良かった」と言っていただけると、本当に嬉しくて鳥肌が止まらくなり、懸命に仕事に励んでいてよかったと心から思えるんです。そうしたお客様の笑顔やお言葉が、私の建築業界を変えたいという情熱もより燃え上がらせるんですよ。

宍戸 パワフルで行動力をお持ちの川上社長ならば、きっと業界全体をさらに盛り上げるだろうと感じました!

川上 ありがとうございます。私は何かをする時、「自分は必ず成功する」と心の底から信じ、何事にも「GO」の精神で前へ前へと突き進んでいるんですよ。最終的な目標は、当社を一部上場企業にすること。そのために今後も若さと機動力を持って今の精神を一貫し、建築業界を変革する力を手に入れるつもりです!

GUEST COMMENT

宍戸 開

やる気と希望に満ちあふれ、とても楽しそうに大工というお仕事の素晴らしさについてお話ししてくださった川上社長。職人であり経営者としての目線も併せ持ち、常に前進し続ける社長の大きな夢の実現を私も応援しています。これからも何事も「GO」の精神を持って、一つひとつの現場に挑んでください!

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!