一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

注目企業インタビュー

自分の仕事に誇りを持てる施策を提案

小倉 率直に言うと私の目には、東海市の中小企業はブランディングに関してはあまり得意ではないように映ります。

片桐 確かにそうです。鉄鋼業が盛んで技術を突き詰める真面目な方が多い東海市の中小企業は、ものづくりが得意な一方でお客様へのアピールが苦手な傾向があります。また、外から見ると働きがいのある素晴らしい企業なのに、社員の皆様が将来に悲観的で活気が失われているケースも多いんですよ。ですから私は、自分の仕事に誇りを持てるようインターナルブランディングの向上もお手伝いしています。離職率を下げたうえで、新たな人材の確保をスムーズに進められる施策をご提案しているんです。

小倉 お話をうかがっていても、片桐代表が中小企業の未来を真剣に考えておられることがよく伝わってきます。ところで、どうしても気になるのがインパクトの強い社名です(笑)。

片桐 私が感銘を受けた実力派マーケターのグループが、その卓越ぶりから業界では総称として「マフィア」と呼ばれているんですよ。私もその名称をお借りして「マーケティングマフィア」と名乗ることにしました。決して、変な意味ではありませんのでご安心ください(笑)。

小倉 地域を支える中小企業の成長と発展を後押しする片桐代表が、経営者の皆さんとのコミュニケーションで心がけておられることは何でしょうか?

片桐 コンサルティングで重要なのは、正式なヒアリングや打ち合わせの場以外のコミュニケーションなんです。お客様と一緒に食事に行くなどして、非公式な場でうかがえる本音や業界の事情をすくい上げることを大事にしています。ですから、今日はスーツを着ていますが普段の私はもっとラフな格好なんです。そのようにして、お客様と近い距離で会話ができるよう配慮しています。当社の役割はいわば中小企業の「かかりつけ医」になること。より大きな病院で手術が必要だと判断したら、私よりもお客様の業界に詳しい「専門医」をご紹介しています。

小倉 手柄を独占しようとせず、積極的に周囲の協力を仰ぐ片桐代表の姿勢は信頼できます。開業されて大きなやりがいを感じていらっしゃるのでしょうね。

片桐 はい。お客様から「ありがとう」とおっしゃっていただけるこの仕事は喜びに満ちています。私は、当社のご提案に満足してもらえなかったり、結果に結びつかなかったりした場合は対価をいただかないことにしていますが、ありがたいことに現在まで感謝の言葉とともに長くお付き合いが続いているんですよ。

小倉 ますますご活躍の場が広がる代表ですが、今後の目標はいかがですか?

片桐 中小企業診断士は、残念ながら独立して食べていくのが難しい資格と言われることがありますが、実際はそんなことはありません。私は当社の事業を拡大して中小企業診断士の仲間を増やし、大規模なコンサルティングファームを構築してそのことを証明するつもりです!

GUEST COMMENT

小倉 隆史

Jリーグのクラブも含めて、的確なマーケティングを実施している企業は本当に少ないと私は感じています。そこで頼りになるのは、中小企業診断士でマーケティングにも精通した片桐代表のような方。自分の弱点を強みに変えてきた代表なら、一歩踏み込んだ提案で企業を成長させてくださるでしょう。ぜひ、東海市の中小企業を元気にしてください!

1 2

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!