一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(チャレンジプラス)

注目企業インタビュー

依頼者と探偵会社をつなぐメディア運営から<br />
人探しを軸に困っている人の悩みに寄り添う<br />

サービス

依頼者と探偵会社をつなぐメディア運営から
人探しを軸に困っている人の悩みに寄り添う

ユナイテッド・ソリューション
代表 三宅 啓次

PROFILE

自身が高校生時代に経験したことをもとに、Webメディア「人探し.ch」を開設し、探偵会社と依頼主を仲介する事業を2020年よりスタート。その他、SDGsなど社会貢献を目的とした団体に複数加盟し、「困っている人を助けたい」というテーマを掲げ事業を展開している。

COMPANY DATA

ユナイテッド・ソリューション

住所
〒 471-0008
愛知県豊田市百々町8-10
URL
https://kanarazu.jp/
MJリサーチ 口コミ


小倉 ユナイテッド・ソリューションさんでは、「人探しch.」という、人探しを専門としたWebサイトを運営されているそうですね。非常に珍しい形態かと思うのですが、立ち上げにあたってどのような経緯があったのですか?

三宅 実は私がまだ高校生の時に突然、親族が失踪してしまったことがあったんです。友人や学校の先生なども巻き込み、さまざまな手段を活用してあらゆる場所を探し回り、3年ほど経過したタイミングで、最終的に探偵社にお願いしてようやく所在を探し当てるに至りました。その時の経験から、全国的に同じような状況でつらい思いを抱えている方は実は多いのではないかと考えたんです。

小倉 なるほど。誰かが失踪してしまったというのは、なかなか簡単には人に言えず、明るみに出にくいナイーブな問題ですからね。

三宅 そうなんです。さらに、探偵社に依頼するとなると、初めての方にとってはなかなかハードルが高いとも思います。だからこそ、そういった方たちの窓口となるサイトを運営したいという気持ちが芽生えたんです。端的に言うと、「人探しch.」を閲覧していただいた方が、サイトを経由して探偵会社に依頼できる仕組みをつくり、困っている方と探偵会社を仲介する形を取っています。

小倉 なるほど、運営されている「人探しch.」を通して、探偵会社さんに依頼がいくというわけですね。Webメディアを拝見したところ、SDGsをはじめ、フードロスやがん対策推進企業アクションなどに関わる複数の団体に加盟し、さまざまな社会的事業にも取り組まれているようですが、その点はいかがですか?

三宅 そうですね。特に「飢餓をゼロに」という観点から、そうした団体での活動にも積極的に取り組んでいるんです。私自身、幼少期は父親に育てられてきたのですが、仕事で忙しい父は家にいないことも多くて——保護者のいない環境の中、家に食べ物がないということも実際にあったんです。そうした状況をなくし、全国の子どもたちが日々満足に食事ができるような社会をつくっていきたいという気持ちが強いですね。私には自分の活動を通して、何より「待っている方を助けたい」「日本中の子どもたちの希望になりたい」という思いがあるんです。

小倉 今後のビジョンについても、ぜひおうかがいしたいです!

三宅 まずは提携先の探偵会社さんに何か恩返しをするためにも、人探しのみならず、探偵社の窓口になれるような事業を横展開したいと考えているところです。これからも、より多くの方の支えとなれるよう、自分にできることに精一杯取り組んでまいります!

GUEST COMMENT

小倉 隆史

「人探し」という観点から、ご自身のテーマを貫き挑戦を続けている三宅社長。お話をうかがう中で、代表の「困っている人を助けたい」という強い思いを感じ取ることができました。今後もWebメディア事業の枠を飛び出し、より多くの方の支えとなる幅広い活動を続けてください!

躍進企業応援マガジン最新号

2024年5月号好評販売中!