一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(チャレンジプラス)

注目企業インタビュー

人への支援が新たな事業に

畑山 それは経営者の方も心強いですよ!ホテルの客室清掃事業や、食品のオンライン販売を始められた経緯についてもお聞かせいただけますか?

高岡 幼なじみの女性がホテルの客室清掃をしており、「独立したいけど自信がない」と相談を受けたんです。「どんなことでも、やってみなければわからない」と考える性格の私は、彼女の悩みを聞いて当社の事業にホテルの客室清掃を加えることにしました。安定した仕事の質を評価していただき、現在は、札幌市内にある有名ホテル2軒の清掃を担当させていただいています。また、当社は、ブランド牛「あおもり倉石牛」を使った冷凍の「倉石牛スパイスカレー」をオンラインショップで販売しています。私が東京で働いていた時に知り合ったフレンチシェフがつくったもので、最初は彼が個人で販売していたんです。とても良い商品だったので、より多くの方に広めるべく、ECサイトやふるさと納税の登録など、その販売を当社でサポートさせていただいています。

畑山 人とのつながりが新たな事業を生んでいるのですね。ホテルの客室清掃事業では、「業界を変えたい」という熱い思いを持っていらっしゃるそうですね。

高岡 ええ。事業を始めて、ホテルの客室清掃スタッフの平均時給があまりにも安いことに驚きました。でも、海外のホテルでは客室清掃スタッフがとても大切にされているんです。そこで私は客室清掃業界の現状を変えるため、北海道一と誇れるほど高い時給をスタッフの方々にお支払いしています。スタッフの方々の雇用や生活を守ることが当社の事業発展や清掃業界のイメージ改善につながると考えているんですよ。

畑山 利益よりも人材を大事にする姿勢が本当に素晴らしいと思います。そのお考えはホテルに営業を行う際のスタンスにも影響を与えるのではないですか?

高岡 はい。私は人材を大事にする姿勢を貫くことで、業界の状況を変えたいと思っています。ですから、客室清掃の営業に行く時も、駆け引きをせず当社の条件を率直にお伝えしているんです。このようなスタンスで営業できるのも自身で会社を立ち上げたからだと思います。自分ですべてのことを決められる環境はやりがいがあり、楽しいことばかりですね。

教育分野へも進出し、保育園を開設

畑山 高岡社長のお話をうかがっていると、スタッフの方々や、人とのご縁を大切にされていることが伝わってきます。周囲の方々の思いを形にしてこられた結果が今なのでしょうね。

高岡 そうですね。0から1を生み出すのは得意なんです。また、私は付き合う相手を選んだり誰かを嫌ったりすることがありません。見返りを求めずに相手に何かを与えたり、尽くしたりするタイプなんですよ。

畑山 そのお人柄が、今後のさらなる事業発展に結びついていくのでしょう。今後の展望や目標についてもぜひお聞かせください。

高岡 今後、当社が清掃を担当している有名ホテルに寿司店をオープンする予定なんです。これはホテル側からお話をいただいたんですよ。また、私は教育分野にも興味があります。なので、ゆくゆくは保育園を開設したいとも考えているんです。その夢に向かってこれからも、人とのつながりを大切にしながら事業を発展させていきます!

GUEST COMMENT

畑山 隆則

人とのつながりを大切にすることで、ここまで事業を拡大してきた高岡社長。補助金のコンサルティングから寿司店の経営まで、何でも形にする社長の実力は「社長の手にかかればできないことは何もない」と感じてしまうほどです。これからも周囲の方々とのご縁を大切にしながら、札幌を、そして北海道を元気にしてください。私も応援しています!

1 2

躍進企業応援マガジン最新号

2024年7月号予約販売中!