一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

注目企業インタビュー

整体からカウンセリング、介護相談まで<br />
よろずのケアで心身の健康を安定に導く<br />

美容・健康

整体からカウンセリング、介護相談まで
よろずのケアで心身の健康を安定に導く

合同会社 よろずや福ちゃん / 万屋福ちゃん
代表 福田 雄一郎

PROFILE

1985年生まれ。宇都宮市の高校を卒業後、精神科病院に勤務。やがて介護福祉士の資格を取得し、医療従事者として7年間勤める。2023年、(同)よろずや福ちゃんを設立し、“万屋福ちゃん”の屋号で心理カウンセラーなどの資格を生かした心身のケアに注力している。

COMPANY DATA

合同会社 よろずや福ちゃん
万屋福ちゃん

住所
〒 320-0824
栃木県宇都宮市下河原1-1-3
URL
https://yorozuyafukuchan.jp/


水野 (同)よろずや福ちゃんでは、整体や心理カウンセリングなどを通して、心身に関するさまざまなケアを提供されているそうですね。なぜ、このようなスタイルができ上がったのでしょうか?

福田 実は私は小学1年生の頃から33歳まで空手に打ち込んでいて、その間に通っていた接骨院や整体院の影響で、整体の技術に興味を持っていたんです。心身のケアを行うことから派生して、高校卒業後は精神科病院に6年勤めていました。やがて介護福祉士の資格を取得してターミナルケアの病院に勤務し、そこでは7年ほど経験を積んだんです。私は約13年にわたり、人の心身を支え続けてきました。これまで培った知識と経験を持って独立すれば、より多くの方の支えになれるのではと思いました。そこで心理カウンセラーの資格も取得し、(同)よろずや福ちゃんを立ち上げたんです。

水野 人の心と体のケアをしたいという思いを貫かれていたのですね。福田代表は、整体や心理カウンセリングの他、幅広い事業を手がけていらっしゃるとうかがいました。

福田 ええ。「よろずや」という名の通り、いわゆる何でも屋や便利屋のような業務をお引き受けしています。仲間と連携を図りつつ、ハウスクリーニングや、電球交換、草刈り、洗車まで多様なお困りごとに対応しているんです。

水野 それは素晴らしい。心身のケアにとどまらず、よろず屋という形を選ばれた理由が、とても気になるところです。

福田 前職で勤務していたターミナルケアの病院に入院されていたのは、延命療法をされていたり、寝たきりになられていたりする方がほとんどでした。そういう方々に対して、幅広い形のサポートをしたいという気持ちが強かったんです。ただ、行政を通して正式な訪問介護や訪問看護の事務所を始める場合、ケアが専門になるため、もしお客様のお宅の庭で草が伸び放題になっていても、ついでに刈ることはできません。また、代わりに日常生活のちょっとしたサポートをすることも不可能なんです。私は、もっと自由にサービスができるようにしたかった——だからこそ、民間事業者という立場をあえて選んでいるんですよ。

水野 開業に踏み出して半年余りというところですが、福田代表の今後の抱負をお聞かせください。

福田 せっかく古民家的な場所で始めたので、独り暮らしをしている友人の部屋にふらっと遊びに来るぐらいの気安さで利用していただけたらと思います(笑)。お店での施術やカウンセリングの他、ご要望があれば、出張でのカウンセリングや整体も承りますので、遠慮なくご連絡いただきたいです。また、ゆくゆくは空手の演武会や、フリーマーケットなどのイベントも開催したいですね。そしてより多くの方と関わりながら、心身のサポートができたら幸せです。

GUEST COMMENT

水野 裕子

病院を訪れる“1つ手前”で心と体のケアをしてくれる場所、しかも専門的な知識を持つ方のいる場所はとても珍しく、福田代表だからこそ可能な事業だと感じました。紆余曲折を経てたどり着いたコンセプトに、喜んでくれる方がきっとたくさんいらっしゃいます。ぜひ今後も、代表の思いを貫かれてください!

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!