一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

注目企業インタビュー

離婚・債務整理から企業法務まで<br />
解決への最適解を導き出す法律事務所<br />

スペシャリスト

離婚・債務整理から企業法務まで
解決への最適解を導き出す法律事務所

相良法律事務所
弁護士 相良 英峻

PROFILE

栃木県宇都宮市出身。明治大学法学部、明治大学法科大学院を卒業し、司法試験に合格。「弁護士法人木村・岡部法律事務所」で弁護士としての道を歩み始める。個人で引き受ける案件が増え、恩師から背中を押されたことから独立を決意。2023年に「相良法律事務所」を開業した。

COMPANY DATA

相良法律事務所

住所
〒320-0043
栃木県宇都宮市桜2-5-30
福田ビル3F
URL
https://sagara-law-office.jp/

水野 まずは、相良さんが弁護士になるまでの歩みからお聞かせください。

相良 私は学生時代から物事を論理的に考えるのが好きで、法律に興味を持ち明治大学法学部へ進みました。司法試験に合格した後は、裁判官、検察官、弁護士の3つの道が開かれていましたが、私は自分の名前で幅広い仕事ができる弁護士を選択したんです。

水野 独立については、当時から強く意識されていたのでしょうか?

相良 いえ、司法修習を終えて入所した法律事務所の所長と先輩が素晴らしい方で、「この人達に付いていけば間違いない」と直感的に思ったので、独立はあまり考えていませんでした。実際、その事務所には分野を問わず難易度の高い案件が多く持ち込まれ、かなり鍛えられました。やがて、私個人に依頼してくださるクライアントも増えてきて、所長から「独立の時期だ」と背中を押されたため、当事務所を立ち上げた次第です。

水野 師となる方との出会いを経て、一人前になって独立を果たされたのですね。現在は、どのような案件を扱っていらっしゃるのですか?

相良 当事務所では、債務整理・交通事故・離婚・相続・債権回収・不動産取引、企業法務や刑事事件など、あらゆるご相談に応じております。その中で私が大切にしているのは、クライアント一人ひとりの事情を丁寧にヒアリングして解決への最適解を導き出すことです。例えば、離婚の案件でご相談に来られた方が、「性格が合わないから」とどこか漠然とした理由をお話しされる場合、その奥にもっと大きな問題が隠れていることも多いため、信頼関係を築きながら問題の本質を探っていきます。

水野 それが、よりよい解決策を見つけることにつながっていく、と。

相良 はい。話を聞く中で夫のモラハラが明らかになれば、「ただ離婚するのではなく、慰謝料の請求も可能です」とご提案できます。また債務整理の案件では、クライアントご自身が負債の原因を理解していないケースもあるため、「破産したい」とおっしゃっていても簡単にはOKせず、まずはお金の動きを一緒に確認し、直近の月の収支が黒字になってから破産の手続きを引き受けるようにしているんです。そのように、クライアントの未来まで考えた長期的な視点で、親身になってお話しすることを心がけています。

水野 素晴らしいご姿勢ですね。この先も、たくさんの相談者の方が相良さんのもとに訪れることと思います。今後についてはいかがでしょうか?

相良 個人の依頼者のみならず、経営者の方を通じてより多くの方に質の高いリーガルサービスを提供できるよう、今後は企業法務にも注力していきたいです。どんな案件とも真剣に向き合い、解決へ導くという恩師のスタイルを受け継ぎつつ、皆様を幸せにできれば幸いです。

GUEST COMMENT

水野 裕子

トラブルを抱えている人は、どうしても視野が狭くなり問題の本質が見えなくなりがちです。そんな時も、しっかり踏み込んだ対応をしてくださる相良さんが横にいてくだされば安心できます。これからも人生の再スタートを願う方々の頼れる伴走者として、さらにご活躍の場を広げていってください!

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!