一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

注目企業インタビュー

顧客の理想を超える塗装工事を提供

矢部 では、現在手がけていらっしゃるお仕事の内容についても、ぜひ詳しく教えてください。

葛西 戸建てやアパートを中心に、商業施設や学校などさまざまな建物の塗装工事を請け負っています。外壁、屋根、内装とあらゆる場所の塗装に対応させていただくのはもちろんのこと、シーリング工事や防水工事まで一貫してお任せいただける体制を整えているんです。

矢部 塗装に関わることなら何でもお願いできるのですね。施工される際に、心がけていらっしゃることはありますか?

葛西 高品質の施工を低価格でご提供する、という意識は常に持っています。お客様が求めている理想をどうやったら超えられるか、満足していただけるかを考えながら、日々電卓をたたいていますね。

矢部 そうした費用の計算も葛西社長がご自身でされているのですか?

葛西 はい。その辺りは自分でしっかり把握しておきたいという気持ちもあるため、私が全部やっています。お客様とのコミュニケーションも直接させていただきますし、お見積りや施工のことで行き違いが発生しないという点は、コンパクトな会社ならではの強みですね。

矢部 葛西社長が直接、要望を聞いてくださるというのは、お客さんにとっても心強い限りだと思います。

葛西 そう言っていただけると嬉しいです。最近は、お客様も事前にいろいろと調べてからご依頼されることが多く、材料についての知識なども驚くほど豊富でいらっしゃいます。しかし、ネット上の情報がすべて正しいわけではないですし、施工によって使う材料や費用は細かく変わってきますから、お話をうかがったうえで、プロとしてのご提案をさせていただいているんです。

オールマイティな会社を目指して

矢部 建設業界は今、人手不足が問題となっていますが、日本建塗(株)さんでは人材育成面でどのような工夫をされているのでしょうか?

葛西 オンとオフの切り替えをしっかりしつつ、基本的には和気あいあいとした雰囲気で接することを心がけています。私の世代くらいまでは、上下関係が厳しく「仕事は見て覚えろ」と言われるのも当たり前でしたが、今は時代が変わりましたし、私自身もそういうやり方は好きではないので、明るい性格を生かして皆が伸び伸びと働ける環境をつくっているんです。私のところできちんと修業を積んで、1人でやっていけるくらいに育ってもらいたいと思っています。

矢部 お話をうかがっていると、葛西社長が楽しみながら今のお仕事に打ち込んでいらっしゃる様子が伝わってきます。

葛西 お客様のお家が目に見えてきれいになって、感謝の言葉をかけていただけると本当に嬉しくなりますし、やって良かったと思えるんです。また、私たちが手がけた現場がこの札幌市内に形としてどんどん残っていくというのも、この仕事の醍醐味だと感じています。

矢部 会社としてまだまだ飛躍されていくことと思います。将来のビジョンについても語っていただけますか?

葛西 これからも一つひとつの現場と真摯に向き合いつつ、マンションなど今以上に大規模な現場を任せていただけるよう精進し、お客様のあらゆるご要望にお応えできる「オールマイティな会社」を目指していきたいですね。そのためにも、共に働くスタッフも増やしたいと考えています。仲間は多ければそのぶん、私も頑張れるので、やる気がある方は、ぜひ当社で一緒に働きましょう。

GUEST COMMENT

矢部 美穂

「塗装の仕事は汚れやすいからこそ、なるべくきれいな作業着で現場へ行くよう、皆に伝えています」と語ってくださった葛西社長。そうした細やかなところまで気配りができるからこそ、ここまで着実にお客さんとの信頼関係を築いてこられたのでしょうね。社長のもとでなら、若く優秀な職人さんも育ちそうです。この先も北海道の塗装業を力強く支えてください!

1 2

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!