一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

注目企業インタビュー

40年の歴史ある歯科医院を引き継ぎ開業<br />
歯の健康を守り地元・市原市に恩返しを

医療・福祉

40年の歴史ある歯科医院を引き継ぎ開業
歯の健康を守り地元・市原市に恩返しを

ことりデンタルクリニック
院長 白鳥 有生

PROFILE

専門学校を卒業して歯科技工士になった後、歯科医師への転身を決意し25歳で大学に進学。卒業後は勤務医となり、地域貢献を目指している最中に歯科医師の小宮先生と出会い共に働くことに。医院を引き継ぐ形で2022年4月に「ことりデンタルクリニック」を開業した。

COMPANY DATA

ことりデンタルクリニック

住所
〒290-0225
千葉県市原市牛久928-10
URL
https://kotoridc.jp/

矢部 まずは、「ことりデンタルクリニック」さんの開業に至るまでの白鳥院長の歩みから教えてください。

白鳥 私はこの市原市で医療従事者が多い家系に生まれ、専門学校を卒業して歯科技工士になりました。しかし、1人で黙々と仕事をするよりも患者様と接したいという思いが湧き上がって25歳で北海道の医療系大学に進学し、歯科医師に転身したんです。勤務医として働き始めた私は、いずれは地元の市原市で開業しようと情熱を燃やすようになりました。そして2018年に、当地で40年も歯科医院を経営し地域の健康を守られてきた小宮先生と知り合ったんです。

矢部 なるほど。その出会いが、「ことりデンタルクリニック」さんの誕生につながっていくわけですね。

白鳥 ええ。私は地域貢献を貫く小宮先生の姿勢に深く共感しました。また、小宮先生は「そろそろ引退して医院を譲りたい」とおっしゃってくださったんです。地域の皆様に信頼されている小宮先生の後任が自分に務まるのかと不安もありましたが、共に働かせていただき先生ならではの治療法や患者さんとの接し方を学びました。その後、2022年4月に先生が引退されたタイミングで名称も設備もリニューアルし、気持ちも新たに当院を開業した次第です。

矢部 白鳥院長が小宮先生から譲り受けたものや、新たに始められた取り組みを知りたいです。

白鳥 当院は、小宮先生の時代から通い続けられている地元在住の高齢の患者様が多いんです。きれいでかみやすい歯を保つことは高齢者の健康にとって何よりも大切だと言えます。そこで私は小宮先生から受け継いだ技術に加え、インプラントなど最新の治療法も取り入れて患者様の選択肢を増やしました。また、歯の健康や日頃のお手入れに関する情報も積極的にご提供しています。家族のように接して歯科医師と患者様の間の壁を取り払うなど、スタッフの力も借りながらスムーズなコミュニケーションを取るよう心がけているんです。また、私が元歯科技工士なので義歯や差し歯の完成度にこだわるところも当院の特徴ですね。

矢部 地元への恩返しという白鳥院長の念願をかなえることができて、やりがいもひとしおなのではないですか?

白鳥 はい。「歯の痛みがなくなった」「食事を楽しめるようになった」など、患者様から感謝のお言葉や笑顔をいただけると「地元に戻って本当によかった」と感動します。当院は定期的にはがきで来院をうながすなど、予防歯科にも力を入れ、患者様の生活の質を上げることにも注力しているんです。今後は、ケガや病気などで外出が難しい患者様のために訪問診療も始める予定でいます。そうしてどの患者様にも満足していただける歯科医院であり続け、地域貢献を貫くこと――これが当院の変わらぬ目標です!

GUEST COMMENT

矢部 美穂

質問に丁寧に答えてくださる白鳥院長からは、親しみやすいお人柄がにじみ出ていました。市原市は高齢者が多い地域らしく、院長のこの安心感は「ことりデンタルクリニック」さんの強みだと思います。地元への恩返しを掲げて開業された院長の力で、健康な歯と元気な人生を多くの方々にもたらしてください!

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!