一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

注目企業インタビュー

「当たり前」のレベルを上げる人材育成<br />
建設と携帯販売イベントの二本柱で躍進<br />

スペシャリスト

「当たり前」のレベルを上げる人材育成
建設と携帯販売イベントの二本柱で躍進

Foresight JAPAN 株式会社
代表取締役 珍田 裕介

PROFILE

父と兄も企業経営者。父の知人の会社に就職するがサラリーマンは不向きだと実感し、知人のつながりで中古車販売の仕事を始める。2020年に24歳でForesight JAPAN(株)を創業。建設業と携帯電話販売イベントの運営で急成長し、2023年秋より東京進出も果たした。

COMPANY DATA

Foresight JAPAN 株式会社

住所
【本社】
〒981-3133
宮城県仙台市泉区泉中央1-16-6 泉中央ビル3F
【事務所】
〒989-6163
宮城県大崎市古川台町3-46友和企画ビル3F
URL
https://www.foresight-japan.com


 建設業・携帯販売業で躍進されているForesight JAPAN(株)さん。最初に、28歳とまだお若い珍田社長の歩みからお聞かせください。

珍田 私は最初、父の紹介でとある会社に就職しましたが、そこで自分はサラリーマンには向いていないと感じたんです。それで、自分の力で起業したほうがよいと判断し、2020年に当社を立ち上げました。建設関係の仕事に就いている仲間が多かったのでこの分野からスタートして、ショッピングモールなどで展開する携帯電話の販促イベントを運営する事業も始め、今は2本柱で会社を運営しています。創業から1年ほどは平日が建設、土日がイベントと、私も現場に出続けたので1日も休むことができませんでした。でも、そのおかげで現在はスタッフも100名を超えるまでに会社の規模を拡大することができたんです。

 その急成長の秘訣を、ぜひ詳しく教えていただきたいですね。

珍田 私のモットーは、当たり前のことが当たり前にできる人材を育てることなんです。当社は若年層のスタッフが中心ですが、今の時代は当たり前のことができない若い人も多いので、それができればおのずから他社との差別化が図れると考えています。教育に関しては、私自身はあまり口出しせず幹部に任せることもありますが、いずれにしろ失敗を恐れずに挑戦することで、スタッフがこなす「当たり前」のレベルは目を見張るほど上がっています。であるがゆえに、お取引先から頼りにされ、またかわいがってもいただけるんです。

 なるほど。とてもやりがいのある社風で、きっとスタッフさんも生き生きと働いているのでしょうね!

珍田 ええ。私は叱る時は叱り、褒める時は褒めるといった案配に、メリハリをつけるように心がけています。そのようにして一人ひとりのスタッフの成長を促し、彼らが結果を出し高給を得て、仕事はもちろんプライベートの水準も上げていけるような環境を整えているんです。例えば誰かの誕生日を皆でお祝いするといった、楽しみながら働ける当社にネガティブな発言をするスタッフはいません。お取引先から信頼され、常に前向きな彼らを見ていると、私も「頑張ったかいがあった」「仲間がいて本当によかった」と心から嬉しくなってきます。

 素晴らしいと思います。見事な采配を振るわれている珍田社長が見据える未来とは、どのようなものでしょうか?

珍田 当社は2024年に東京へ進出し、代々木にオフィスを構えスーパーカーなどのイベント事業を展開します。このように事業を広げて若手にチャンスを与え、まずは上場させることが当面の目標です。もちろん、その先の夢を実現するためにも仲間の存在は絶対に欠かせません。今後も総力を結集し、常に感謝の気持ちを忘れずに走り続けるつもりです!

GUEST COMMENT

嶋 大輔

「当たり前のことを当たり前にする」というのは意外と難しいものですが、若い人材を見事に育てておられる珍田社長の手腕には感心しました。風通しがよく、チームワークも抜群のForesight JAPAN(株)さんが躍進されるのは当然のこと。今後も初心を忘れず、さらなる目標に向かって進んでいってください!

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!