一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(チャレンジプラス)

注目企業インタビュー

充実施設と男女プロによる個人レッスンで<br />
本当にうまくなれる室内ゴルフスクール

スペシャリスト

充実施設と男女プロによる個人レッスンで
本当にうまくなれる室内ゴルフスクール

株式会社 東京キャッチ / CATCH GOLF
代表取締役 津下 和久

PROFILE

1963年生まれ。運送会社に勤務する間にゴルフを始める。2022年リクル-トカップ春季全国大会にチ-ムを組んで全国優勝。このことを節目にサラリーマン生活に終止符を打ち、2022年10月、(株)東京キャッチを設立。運輸事業の他、千葉県市川市でインドア・ゴルフスクール「CATCH GOLF」を運営している。

COMPANY DATA

株式会社 東京キャッチ / CATCH GOLF

住所
〒 279-0021
千葉県浦安市富岡3-3 A-1010
URL
https://www.tokyo-catch.com/
https://catch-golf.jp/

(株)東京キャッチが2023年4月にオープンしたゴルフスクール「CATCH GOLF」は、男女のプロによるマンツーマンのレッスンと、充実した最新鋭設備で注目を集めている。自ら指導も行う津下社長のゴルフにかける思いを、タレントの矢部美穂さんがうかがった。


企業対抗ゴルフ日本一のメンバーが起業

矢部 運輸事業の他、市川市南行徳駅からすぐの場所でゴルフスクール「CATCH GOLF」を運営されている(株)東京キャッチさん。この異色の組み合わせには、どんな経緯があったのですか?

津下 私は2023年に60歳で退職するまで、都内に本社を置く運送業の会社で働いていました。2022年の春、企業対抗ゴルフトーナメントで日本一になれたのを区切りに、退職後は好きなゴルフをしてのんびり過ごそうと思っていたんです。ですが、取引先のお客様から物流の仕事を続けてほしいというお声をいただき、それに応えるため当社を設立しました。自社で物を運ぶのではなく、荷主と運送業を取り持つのが主な仕事で、ミサイルからティッシュペーパーまで、どんなご依頼も承ります。

矢部 ミ、ミサイルまで。それは幅広い物を取り扱われているのですね。そして、津下社長の多様な背景から運輸事業部とゴルフ事業部が共存する形になった、と。

津下 ええ。そういった成り立ちで、「CATCH GOLF」は2023年4月にオープンしたばかりでして。5月から本格的なPRを開始し、おかげさまで2023年8月現在で75名ほどの会員様に入会していただいております。

矢部 一目見ただけでも敷地が広く、設備もこだわり抜いていらっしゃるのが伝わります。

津下 ありがとうございます。敷地内はたいだい60坪以上はあります。今はいわゆる“打ちっ放し”の練習場よりもインドアのスクールが増えているので、差別化を図るために思い切って広い店舗にしたんですよ。

1 2

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!