一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

注目企業インタビュー

足場工事から解体・内装工事まで対応!<br />
業界イメージ向上も担う若き職人チーム<br />

建設

足場工事から解体・内装工事まで対応!
業界イメージ向上も担う若き職人チーム

株式会社 リバティー
代表取締役 栁澤 穣士

営業 池田 真也

PROFILE

代表取締役 栁澤 穣士
1994年生まれ、埼玉県出身。10代から足場工事会社に勤め、約10年の下積みを経て2021年に独立。(株)リバティーを設立した。現在は埼玉エリアで新築やリフォームの際の仮設足場や、解体足場、仮囲い工事のほか、解体工事や内装工事も手がけ、地域住民の信頼を獲得している。

営業 池田 真也
栁澤氏とは小学校の頃から親交があり、社会へ出てからも共に足場工事の世界へ。同氏から独立して会社を立ち上げたという話を聞き、すぐに勤めていた会社を辞めて合流。現在は(株)リバティーの営業としてチームをけん引しつつ、同氏を力強くサポートしている。

COMPANY DATA

株式会社 リバティー

住所
〒340-0802
埼玉県八潮市鶴ヶ曽根911-2 ほていやビル101
URL
https://www.libertycompany.jp/

埼玉県八潮市を拠点に、建設・解体現場の足場工事を手がける(株)リバティー。若手の人材不足が叫ばれる業界で、従業員がのびのびと働ける環境づくりに注力している栁澤社長と、それを隣で支える営業の池田氏に、タレント・経営者の山田勝己さんが話をうかがった。


下積み10年、上を目指し26歳で起業

山田 (株)リバティーさんは、足場工事をメインに手がける会社だとうかがっています。まずは、栁澤社長が今のお仕事と出合い、起業されるまでの歩みからじっくりお聞かせください。

栁澤 私は10代から社会に出て、たまたま最初に手伝ったのが仮設の足場工事でした。当時は「これがしたい」という感覚もありませんでしたが、働く中で仕事のおもしろさ、魅力を感じるようになり、気が付けば10年以上も現場に出続けていたんです。

山田 1度始められた仕事を辞めることなく一筋に続けられたのですね。それだけでも十分立派ですが、20代半ばで早くも独立を果たされたとか。

栁澤 ええ、26歳の時でした。現場のことを熟知すればするほど、周りの仕事を見ていて、「自分だったらこうするな」とか「もっといい仕上がりにできるのにな」とか、あれこれ思うことが増えてきて。それならば自分にしかできないことをやるべきだろうと、決断しました。

山田 もっと上を目指したい、という気持ちもありましたか?

栁澤 そうですね。下積み時代は3次請け、4次請けの立場で仕事をする機会が多く、元請けから理不尽なことも言われてきました。その度に「自分が上へ行って、そういうことがないようにするんだ」と思っていたので、その反骨精神も独立の後押しになりましたね。

1 2

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!