一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

注目企業インタビュー

つらい慢性痛の改善に特化した治療院<br />
痛みの根本原因を見つけてアプローチ<br />

医療・福祉

つらい慢性痛の改善に特化した治療院
痛みの根本原因を見つけてアプローチ

慢性痛治療院ARAI
院長 荒井 裕太

PROFILE

自身のケガや慢性痛の経験から人体の仕組みに関心を持ち、学生時代からカイロプラクティックなどの施術や知識をどん欲に吸収する。整形外科での臨床経験や大手整体会社で店長などを務めた後、2022年に「慢性痛治療院ARAI」をオープンした。

COMPANY DATA

慢性痛治療院ARAI

住所
〒104-0061
東京都中央区銀座3-11-19 5F
URL
https://ara-seitai.com/

山田 「慢性痛治療院ARAI」さんを開業されるまで、荒井院長がどのような道を歩んでこられたのかを教えてください。

荒井 私は10代の頃にスポーツでケガや慢性痛を経験しました。それでいろいろな治療を受ける中で人体の仕組みに興味が湧き、パーソナルジムに通ったり健康分野の知識を学んだりしたんです。やがて、カイロプラクティックにより慢性痛が治まったのに刺激され、自分も誰かの慢性痛を改善するお役に立ちたいと思うようになりました。

山田 現在、こちらではどのような施術を行っているのですか?

荒井 首、肩、腰など、痛みが半年以上続いている慢性痛をメインに施術しています。これまでに学んできた、カイロや筋膜治療などの施術、解剖学、運動学や生理学などの知識も総動員して、その慢性痛を根本原因から改善していきます。

山田 マッサージなどで痛みを和らげるのではなく、原因に直接働きかけるのですね?

荒井 はい。まずは患者様の体をしっかり見て、原因を特定します。例えば首が痛いと訴える患者様でも、別の部位が痛みを引き起こしていることがよくあるんです。そのため、首を触らせてもらい、動きをチェックして問題がなければ、私はそこへの施術はしません。当院はあくまで根本原因を特定し、そこの治療を行えば改善します、といったように結果に対してコミットするやり方をしているんです。もし根本原因がわからない場合は、例えば病院の受診をお勧めします。

山田 なるほど。原因がわからない場合は正直に伝えるのですね。

荒井 ええ。そうしないと、よくなる見込みもないのに患者様にずっと当院に通わせてしまうことになってしまいますから。その代わり、原因さえ特定できれば、責任を持って慢性痛の改善をさせていただきます。

山田 患者さんと毎日向き合われていて、特にやりがいを感じるのはどんな時ですか?

荒井 やはり、患者様から直接感謝のお言葉をいただけた時ですね。他のどんな職種よりもダイレクトに反応が返ってくるのがこの仕事の特徴だと思うので、それが良い評価だった場合は素直に嬉しいです。患者様にも良い影響を与えるような仕事がしたいですね。

山田 それは確かにそうだと思います。最後に、今後の展望についてお聞かせください。

荒井 今はマッサージやリラクゼーションの情報やPRがあふれていますが、そんな中で慢性痛に特化して治療している院が東銀座にあることを、SNSなどでもっと発信していきたいですね。残念ながら世の中には間違った知識も大量に出回ってしまっているので、痛みのプロフェッショナルとして、患者様が悩まなくてすむような道筋を示していこうと思っています。

GUEST COMMENT

山田 勝己

私のように普段から自分の体と向き合っていないと、体の痛みはどのようにして起こるかわからない人が大多数だと思います。だからこそ、荒井院長のようなプロの方のわかりやすい意見は本当に参考になりますし、今後も悩んでいる人の最後の砦として頑張ってもらいたいですね!

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!