一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

注目企業インタビュー

長野県出身。中学生時代からトリマーを目指し、高校卒業後は東京都内の専門学校へ通う。卒業後、都内のトリミングサロンに勤務。3年間の経験を積み、地元・長野市にて独立し、「トリミングサロン ファーモ」をオープンした。

トリミングサロン ファーモ
住所 〒381-0032
長野県長野市若宮2-13-13
URL https://trimmingsalon-fa-mo.com/

名高 地元である長野市で「トリミングサロン ファーモ」を経営されている轟さん。やはり昔から動物がお好きだったのですか?

 はい。トリマーになりたいと考えるようになったのは14歳の頃でした。トリミングサロンに連れて行った愛犬がより可愛くなり、その姿を見た家族も笑顔になって──。みんなの喜ぶ顔が見られるのがいいなと思うようになったんです。

名高 「トリミングサロン ファーモ」さんのどういった点が他のトリミングサロンと異なるのか教えてください。

 当店が大切にしているのは、ワンちゃんが嫌がることは決してしないということです。爪切りや耳掃除などを嫌がる子も多いので、無理に行うことはせず、ゆっくりと時間をかけて段階を踏んだ施術をしています。さらに、お預かりする際にも基本的にケージレスでストレスを与えないようにしているんです。

名高 トリミングというと「時間との勝負」という印象を持っていましたが、こちらのサロンはもっとワンちゃんたちの気持ちに寄り添った施術をしてくれるんですね。

 おっしゃる通りです。限られた時間の中で無理やりトリミングをして、トリミング嫌いになってしまうのは避けたいので、余裕を持った時間設定でワンちゃんたちとコミュニケーションを取りながらケアしています。中には、トリミングに慣れるまでに2、3年の時間を要する子もおり、慎重に、長い目で見て対応できるよう心がけているんです。

名高 そんなに時間がかかるものなんですね!

 ただ、今通ってくれている中で、トリミングを嫌がる子はほとんどいませんね。家族のように思いながら一匹一匹と接しているので、こちらのそんな気持ちもワンちゃんたちに伝わっているのかな、と。

名高 そういう気持ちは不思議と伝わるものです。

 大切な家族には安心・安全なものを提供したいという思いもあるので、シャンプーやフードも栄養・健康面をしっかりと考慮したものを取り扱っています。愛犬には可愛くいてもらいたいという以上に、健康で長生きしてもらいたいですからね。

名高 お話をうかがっても、いろいろとこだわりが伝わってきます。店内もオープンな雰囲気でいいですよね。

 トリミングやシャンプーなどの作業風景も飼い主さんに見てもらえたらと思って、あえてオープンな空間にしています。

名高 まだお若い轟さんですが、しっかりとしたお考えをお持ちで、今後の展開も非常に楽しみです。将来の展望などはありますか?

 今は私1人で対応していますが、将来的にはスタッフを雇用して事業の幅を広げていきたいと考えています。ドッグカフェやドッグホテルなど、ワンちゃんとその飼い主様が喜んでくれる事業をどんどん展開していきたいですね。

GUEST COMMENT

名高 達男

轟さんのように温かく迎え入れてくれるような方であれば、ワンちゃんたちも喜ぶと思います。ちょうど私の娘も犬を飼おうとしているところなので、もう少し近ければ、ぜひ通いたいと思えるサロンです!まだまだやりたいことはたくさんあるようですから、今後もぜひ頑張ってくださいね。

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!