一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

注目企業インタビュー

1965年生まれ。大学卒業後は会社員として30年以上、BtoBの営業職に従事する。その中で「より間近で人々の役に立つ仕事をしたい」という気持ちが芽生え、施術家への転身を決意。タイ古式マッサージの技術を学ぶ過程でチネイザンを知り、日本チネイザン協会にて資格を取得する。その後「チネイザン ライフコーチング / ボディ & マインドケアサロン ka-na-me」を立ち上げ、チネイザンと手技療法によって体を中と外の両面から整えている

チネイザン ライフコーチング / ボディ & マインドケアサロンka-na-me
住所 〒107-0062
東京都港区南青山5-17-6
青山グリーンハイツ307号
MAIL oba@ka-na-me.com
TEL 070-8483-1266
URL https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000596587/
Instagram https://www.instagram.com/ka.na.me/
BLOG https://ameblo.jp/ka-na-me-lifecoaching

大路 大場代表は、以前は会社員としてお勤めされていたそうですね。施術家の道を志された経緯を教えていただけますか?

大場 私はBtoBの営業マンとして、家電製品やIT関連製品向け電子部品などの取り引きに長年携わってきました。やりがいはあったものの、人のお役に立てている実感は薄く――ダイレクトに人々の喜ぶ姿や反応を見られる仕事をしてみたいと考える中でたどり着いたのが、リラクゼーションやヒーリングの分野だったんです。

大路 なるほど。人のために、という思いが原動力になったのですね。

大場 はい。最初はタイ古式マッサージを習い、その過程で知ったチネイザンの施術に魅力を感じたことから、資格を取得して専門に手がけていくことにしました。

大路 チネイザンとは初めて耳にする言葉です。ぜひ、どのような施術をされているのか詳しくお聞かせください。

大場 チネイザンは氣内蔵セラピーとも言い、それぞれの臓器に感情が宿っている、つまり臓器と心が密接につながっているという考えのもと、臓器に宿ったネガティブな感情をほぐしてポジティブにすることで、さまざまな不調を改善していく療法です。施術としては腹部に優しく触れながら、ほんの数%の顕在意識の奥に潜み意識の大部分を占める潜在意識に働きかけ、内臓はもちろん皮膚や骨を含めたすべての臓器へアプローチしていきます。私はそこに独自の手技療法も組み合わせ、体の内外の両面からクライアントの皆様が自分らしく元気な人生を送って行けるお手伝いをさせていただいているんです。

大路 臓器と心が結び付いているという考え方はとても興味深いですね。確かに、体に痛みがあると何かをする気力がなくなったり、気持ちが落ち込んでいると体も重く感じたりということが日常生活でもある気がします。

大場 そうなんです。心身両面のケアが必要だからこそ、当サロンでは施術前のカウンセリングにも時間をかけています。どういうお悩みがあるのか、仕事での人間関係はどうかなど、日々の生活にまで掘り下げ、一人ひとりに最適な施術を模索するのです。あくまでも目の前のクライアントの皆様が主役ですから、私の独りよがりな施術にならないように心がけています。

大路 日常的な悩みにまで寄り添っていただけるというのは頼もしいです。今後についてはいかがですか?

大場 タイ古式マッサージの一部としてチネイザンを取り入れるサロンは増えていますが、私のようにチネイザン・システムの近代化を推進した謝明徳老師(マンタックチア師)の流れを汲む日本チネイザン協会の認定資格を持って本格的にチネイザンの活動をしている公認プラクティショナーはまだ100名に満たないほどの貴重な存在です。まずは、多くの方に本流のチネイザンを体験していただきたいと思っています。日本にいる海外の方にも認知していただきつつ、ゆくゆくは海外へのサロン展開もできれば理想的ですね。慢性的にストレスを感じている方、胸の詰まりを感じる方、心と身体のバランスを失っている方、何かに行き詰まりを感じている方、自身に覇気が感じられない方、新しい挑戦に踏み切れない方・・・ぜひ一度当サロンまでお越しください。

GUEST COMMENT

大路 恵美

不調を改善するには体だけでなく心にも目を向ける必要がある、ということが現代では常識になりつつあります。この流れは加速していくと思いますし、その中で大場代表が手がけていらっしゃるチネイザンは間違いなく必要とされるはず。1人でも多くの方に認知され、元気になるための選択肢として思い浮かぶようになる未来を期待しています!

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!