一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

注目企業インタビュー

以前は大手アパレルメーカーに勤務し、店長も務めた。顧客の要望より会社が売りたい商品を売る方針に納得できずに退職し、物流業界に転身。そこから5年でスタッフ200名の倉庫のセンター長となる。2014年に個人事業主として独立し、2020年に(株)GLCを創業。豊富なキャリアを生かし、約50名のスタッフを率いている。

株式会社 GLC
住所 〒315-0056
茨城県かすみがうら市上稲吉1943-67
URL https://www.global-logi.com/

流通加工・物流請負を中心に手がける(株)GLCは、スタッフの人間力を育て、丁寧かつ正確な商品の発送でエンドユーザーに満足してもらうことをポリシーに掲げている。タレントの石黒彩さんが、堅実な姿勢で会社をけん引する太田社長に話を聞いた。


主に倉庫の流通加工・物流請負を代行

石黒 太田社長が事業家として独立されるまでの歩みを詳しく教えてください。

太田 私は以前、大手アパレルメーカーに勤務し、店長も務めました。ただ、お客様が欲しいものより会社が売りたいものを売る姿勢が嫌で、販売の仕事がつまらなくなったんです。そこで茨城県内の物流会社に転職し、数年後には倉庫で200人の部下をまとめるセンター長に抜てきされました。これだけの人数で物流センターを動かす仕事は、言ってみれば物流会社そのものを動かしているのと同じこと――それであれば自分で起業したほうがよいと考え、2014年に個人事業で独立して2020年に法人化したんです。ただ、当時は社長ではありませんでした。

石黒 ということは、経営はどなたが担われていたのでしょうか?

太田 個人事業主時代に取り引きをしてくれたアパレル時代の上司が、「ぜひ、一緒に」という私からの誘いに応え、社長に就任してくれたんです。ただ、その方が2022年の頭に急逝しまして。そこで、2月から私が代表取締役社長になり、経営の責任も負うことにしました。

石黒 それは大変だったと思います。物流といってもお仕事の内容はさまざまですよね。(株)GLCさんの得意分野は?

太田 当社の柱は、お取引先の倉庫に自社のスタッフが赴き、商品の梱包や発送を代行する業務です。例えば、ネットショップでお客様からボールペン3色セットの注文が入ったとします。倉庫にあるボールペンはあらかじめ3色を組み合わせているわけではないので、注文に合わせて当社のスタッフがセットにして発送するんです。そのような流通加工・物流請負と呼ばれる業務を中心に、事業を展開しています。

1 2

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!