一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

注目企業インタビュー

椎間板ヘルニアを患い、整体院に通院する中で出会った数多くのお客様を自分の力でも救おうと決意し、整体の道へ進む。出張整体で技術を磨き、2020年に店舗を構え「井土ヶ谷整体 浸透」を開業した。キネシオテーピングトレーナーとしても活躍中。

井土ヶ谷整体 浸透
住所 〒232-0053
神奈川県横浜市南区井土ヶ谷下町37-4
クリオ井土ヶ谷ファースト 1F
URL https://seitai-11646.business.site/

飯田 石井代表が、整体の道に進むまでの歩みから教えていただけますか?

石井 もともと私は製造業を手がける会社に勤務し、フォークリフト製造とフォークリフトオペレーターをしていたんですよ。ところが30代になったある日、腰に激痛が走りましてね。病院に行くと椎間板ヘルニアと診断され、手術することになったんです。ただ、術後も再発の危険性があると言われてしまい前職を離れることにしたんです。

飯田 おつらい経験だったと思います。

石井 ええ。しかし手術後、検査通院する中で自分と同じように腰・首・肩の痛みで悩んでいる方がたくさんいることに気が付き、そういった方々をサポートしようと決意しました。そして、整体の学校に通い、卒業後に独立したんです。

飯田 独立してからはいかがでしたか?

石井 独立当初は店舗を構えず出張整体の形を取っていたんですよ。スーパー銭湯の施設内のマッサージ店で施術をすることもありましたね。そのようにしてたくさんの方を施術し技術を磨くと同時に、整体師の仲間とのつながりも増やしていったんです。そして、2020年に店舗を構え、当院を開業しました。

飯田 こちらの院内は隠れ家のような雰囲気で落ち着いて施術が受けられそうですね。ちなみに、「浸透療術」という施術をしてくださるとうかがっています。どのような施術なのでしょうか?

石井 肘などを使って患部に強い圧力を長くかけてほぐすのが「浸透療術」です。通常の整体は、指や手の平を使って患部をほぐしますよね。しかし、体がガチガチに固まってしまっていたり極端に筋肉質の場合など、一般的な整体で効果が出ない方も多くいらっしゃいます。「浸透療術」はそんな方にお勧めの施術です。現在はテレワークやオンライン授業の影響で、あらゆる世代の方々の体が凝り固まってしまっていますよね。「体をほぐし痛みを取ってほしい」とたくさんの方が足を運んでくださっているんですよ。

飯田 なるほど。そうした方々の体の痛みを「浸透療術」で和らげてくださる、と。

石井 はい。先日も、100軒以上の治療院に通っても痛みが良くならなかったお客様がお見えになりまして。私がたった一度の施術で痛みをほぐしてさしあげると、感動して涙を流してくださったんです。「浸透療術」は体質的に合う方と合わない方がいらっしゃいますが、私は、どのような不調も絶対に改善させるという気持ちで施術に取り組んでいます。

飯田 ところで、代表はバーも運営していらっしゃったとか。

石井 ええ。コロナ禍になる前は整体営業終了後に「Dj Bar Sintou」をオープンしていました。ちょっと珍しい組み合わせで驚かれるかもしれませんが(笑)、営業を再開した際には、ぜひ、おいしいお酒と音楽を楽しみながら体の悩みを聞かせていただきたいですね!

GUEST COMMENT

飯田 哲也

石井代表のお話をうかがい、整体師とプロ野球のコーチではジャンルは異なりますが、「選手に伸びてほしい」「お客様に良くなってほしい」という情熱で仕事に取り組むのは同じことだなと思いました。代表には、これからも一人でも多くのお客様を痛みから救っていただきたいですね。

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!