一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

注目企業インタビュー

埼玉県出身。学生時代に家庭教師や塾講師のアルバイトを経験する。結婚を機に静岡県に移住。子育てが一段落したことを契機に再び教育業界へ舞い戻る。学研教室や大手進学塾で講師を務めた後に独立。2017年に褒めて伸ばす指導をモットーとする「HOME塾」を立ち上げた。

HOME塾
住所 〒414-0016
静岡県伊東市岡広町3-10 1F
URL https://homejuku.com/

大路 静岡県伊東市で学習塾「HOME塾」を開かれている太田代表。昔から教育業界に興味を持っていたのですか?

太田 学生時代に家庭教師や塾講師のアルバイトをしていたんです。その時の楽しさが忘れられず、子育てが落ち着いたタイミングでこの業界に戻ってきました。その後、学研教室、大手進学塾の講師を経て、当塾をオープンしたんです。

大路 独立を決められたきっかけは何だったのでしょうか?

太田 大手進学塾での経験です。私が勤めていた進学塾では、日によって指導につく生徒さんが違いました。ですからその子の学力状況や苦手分野、性格など大切なことがわからないまま指導しなければならなかったんです。また、生徒さんと勉強のこと以外でお話しする機会もほとんどありませんでした。指導を続けるうちに、これで本当に良いのだろうかと疑問を持つようになったんです。

大路 そこで、自分が理想とする塾を開くべく立ち上がられたのですね。

太田 はい。一人ひとりの生徒さんにしっかり向き合う、リーズナブルな地域密着型の学習塾を開きたかったんです。当塾では、「褒めて伸ばす」をモットーに、全教科(英数国)の指導や丸付けを私一人で行っているんですよ。

大路 それは大変ですね!

太田 ええ。でも、そうすることで、内容や指導方法を生徒さんの学力に応じて柔軟に変えることができるんです。また、質問しやすい環境をつくるために、普段から生徒さんと積極的にコミュニケーションを取って信頼関係を築くようにしています。個々の生徒さんと対話し、「わからない」をなくしてあげることで、生徒さんの自信につなげたいんです。とにかく「通うことが楽しい塾」にしたいので、成績至上主義というよりは、明るくアットホームな雰囲気なんですよ。

大路 不登校のお子さんの指導にもあたられているとうかがいました。

太田 そうなんです。不登校の子にも、当塾で他の生徒さんたちと交流したり、学習面でのつまずきを解消したりすることで自信をつけ、次につなげてほしいと思っています。例えば過去には、中学で不登校だった子が、当塾で勉強して高校に合格したことがありました。その子が高校で楽しく過ごしているという話を聞いて、この塾をやっていて本当に良かったと思ったんです。これからも、そういう子どもたちに一人でも多く通ってほしいと思っています。

大路 素晴らしいお話ですね。最後に今後の展望についてお聞かせください。

太田 今後は英会話指導にも力を入れていきたいです。日本人は英会話が苦手なことが多いですよね。でも、グローバル化した現代において、英会話は非常に大事なスキル。ですから、授業や普段の会話に自然な形で取り入れて子どもたちの英会話力向上につなげていきたいです。

GUEST COMMENT

大路 恵美

「親御さんには話せないことを、子どもたちが私に相談してくれることもあるんです」とおっしゃっていた太田代表。お話から、アットホームな雰囲気の中で子どもたちが楽しく学んでいる様子がよく伝わってきました。これからも「自信につながる場所」として、子どもたちを支え続けてくださいね!

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!