一歩を踏み出したい人へ。挑戦する経営者の声を届けるメディア

Challenge+(C-plus)

注目企業インタビュー

大学卒業後は臨床検査医薬メーカーに就職。その後、医療機器メーカーにも勤め、医療業界に30年にわたり携わる。コロナ禍において人と人をつなげる仕事をしたいという思いが芽生え独立。2023年3月に結婚相談所「Le Soleil ~ル・ソレイユ~」を立ち上げた。

Le Soleil ~ル・ソレイユ~
住所 〒272-0111
千葉県市川市妙典5-6-28-403
URL http://www.lesoleil-kekkon.jp/

矢部 本田代表は、以前は結婚相談サービスとはまったく異なる分野でご活躍されていたそうですね。

本田 はい。30年近く医薬品業界に従事し、コロナ禍では抗原検査キット関連の仕事にも携わっていました。症状の早期発見ができるという点ではやりがいを感じていたのですが、人と直接的に関われない状況において、もっと別の方法で人の幸せのためにできることがあるのではないかと考えるようになったんです。

矢部 コロナ禍がターニングポイントになった、と。とはいえ、これまでのキャリアとは一見関係のない世界。結婚相談所を選ばれたのには何かきっかけが?

本田 私の住む市川市の未婚率をたまたま知る機会があったのですが、30〜34歳という結婚適齢期の男性の2人に1人、女性は3人に1人が未婚だったんです。これは市川市に限らず、全国的に起きている現象だと感じて―婚活支援事業に従事することで、日本の少子化問題の緩和に貢献したいという思いで、結婚相談所の設立に至りました。

矢部 子どもを増やすには、まず成婚率を高めなければなりませんものね。

本田 おっしゃる通りです。近年は「異性との付き合い方がわからない」という声も多く、そういった方々に対しては、結婚に至るまでにどのような距離感で接していけば良いのか、医療人としての知識や経験も踏まえながら助言をさせていただいております。

矢部 そのように心理的な部分にまで寄り添ってくださるのは心強いですね。また、健康相談にも応じていただけるとか?

本田 ええ。先程申し上げた通り、私は30年ほど医薬品業界に従事しておりましたので、これまで培ってきたものを活かしながら、会員様の健康やメンタル面のサポートができるというのも当相談所の強みです。最近では、薄毛相談も始めました。薄毛がお悩みで婚活に踏み切れていない方も少なからずいらっしゃいますので、ぜひご相談ください。

矢部 お話をうかがっていると、本田代表が強い使命感を持ってお仕事に臨んでいらっしゃる様子が伝わってきます。

本田 ありがとうございます。首都圏を中心に国内の成婚率を上げていく、というのが私が掲げるポリシーです。年齢を重ねるごとに、結婚を諦めてしまう方もいらっしゃいますが、当相談所はそんな方々が希望を持って努力できる場所でありたいと考えています。

矢部 この先も本田代表のもとには多くの相談者さんが集まると思います。今後についてはいかがでしょうか?

本田 昨今は離婚率も高く、シングルマザー・シングルファザーの方が増えています。加えてコロナ不況や物価上昇の波もきているだけに、離婚を経験された方の再婚へ向けたサポートもしていきたいですね。結婚のことでお悩みの際は、ぜひお気軽に当相談所へお越しください。

GUEST COMMENT

矢部 美穂

30年も携わられた医療業界を離れ、新たな道へ一歩踏み出された本田代表。リスクが伴う選択にもかかわらず、人の幸せのために独立のご決断をされたところに、強い覚悟を感じました。他の結婚相談所とは違い、多方面から丁寧にサポートしてくださる頼もしさがありますから、今後の飛躍が楽しみです!

躍進企業応援マガジン最新号

2024年3月号予約受付中!